フランス映画祭2020、6月の開催を延期へ 「2020年が終わる前に開催するべく、全力を尽くす」

 6月25日から6月28日にかけて横浜みなとみらい地区での開催を予定していた「フランス映画祭2020 横浜」が、新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑み、6月の開催を見合わせることが発表された。

 フランス映画祭事務局は4月24日に、「現在までに、日本国内での緊急事態宣言を受けて、本映画祭の主要パートナー各社様と共に、お客様の安全確保に関して協議を重ねて参りました。また、本映画祭のために来日を調整していたフランスの映画作家たち、俳優たち、映画関係者たちの来日調整が難しくなっているのも現状です。そのため、6月の実施では、日仏の映画人たちとお客様との交流を深める機会を喪失する可能性が高くなっております。お客様の安全を第一に、そして本映画祭がこれまで構築してきた日仏文化交流の灯を絶やさないためにも、改めて今後の映画祭の実施については引き続き協議を重ねて参りたいと思っております」と発表。なお、新しい開催時期に関しては現在調整中とのこと。

 1993年に始まり、日本での開催は今年で28回目となるフランス映画祭。昨年は、フランスの名匠クロード・ルルーシュ監督がフランス代表団・団長に就任し、フランス映画の最新作15作品(+1短編)を上映。俳優のヴァンサン・ラコストや奇才ミッシェル・オスロ監督ら総勢18名のフランス人ゲストが来日し、サイン会やマスタークラスなどを通じて日本のファンとの交流を深めた。また、フェスティバル・ミューズには女優の中谷美紀が就任した。

 また、延期の決定に際し、主催のユニフランス会長、セルジュ・トゥビアナよりコメントも到着した。

セルジュ・トゥビアナ(主催:ユニフランス会長)

フランス映画祭横浜は日本の観客の皆様方と最新のフランス映画が出会う、類い稀な映画祭であり、濃密な数日間となっています。フランスのアーティストたちが日本の皆様から情熱的に歓迎され、彼らも横浜での出会いをとても楽しみにしている大事なイベントです。ユニフランスは、常に誠実な日本のパートナーの皆様方と共に、この日仏文化の大交流イベントである本映画祭を2020年が終わる前に開催するべく、全力を尽くす事をお約束します。

■開催概要
『フランス映画祭2020 横浜』
開催時期未定
主催:ユニフランス
共催:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、横浜市
(c)unifrance films

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ