「フランス映画祭2020 横浜」、みなとみらい21地区中心に6月開催決定 ラインナップは4月発表

 1993年に始まり、日本での開催は今年で28回目となるフランス映画祭が、6月に横浜みなとみらい21地区を中心に開催されることが決定した。

 昨年は、フランスの名匠クロード・ルルーシュ監督がフランス代表団・団長に就任し、フランス映画の最新作15作品(+1短編)を上映。俳優のヴァンサン・ラコストや奇才ミッシェル・オスロ監督ら総勢18名のフランス人ゲストが来日し、サイン会やマスタークラスなどを通じて日本のファンとの交流を深めた。また、フェスティバル・ミューズには女優の中谷美紀が就任した。

 今年もフランスの豪華映画人の来日、各種交流イベントを予定。ベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭後に国内最速でフランス映画の最新作が紹介される。開催に先駆け、映画祭のキービジュアルも決定。ブルーを基調とした、夜明けのパリの街全体を映画館に見立てたビジュアルとなっている。

 作品ラインナップは4月下旬に発表予定となっている。

■開催概要
『フランス映画祭2020 横浜』
みなとみらい21地区を中心に、6月25日(木)~6月28日(日)開催
主催:ユニフランス
共催:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、横浜市
(c)unifrance films

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる