『エール』音を想う裕一の大胆な一面が明らかに 窪田正孝の思い切った行動に驚愕

『エール』音を想う裕一の大胆な一面が明らかに 窪田正孝の思い切った行動に驚愕

 音(二階堂ふみ)の真意を確かめようと、裕一(窪田正孝)は豊橋の関内家を訪れた。NHKの連続テレビ小説『エール』が第5週の初日を迎え、音を想う裕一の大胆な一面が描かれた。

 突然、関内家を訪問した裕一は、当然のことながら音の母・光子(薬師丸ひろ子)に「事前にお知らせいただかないと困りますよ」と咎められる。しかし裕一は「どうしても会いたくなって衝動が抑えられず、今ここにいます」と真正直に答えるどころか、「ここにしばらく置いていただけませんか?」と申し出た。それを聞き、光子は素っ頓狂な声をあげる。

 裕一にとって音は、自分がつくる音楽に関心を持ってくれた唯一の人である。文通でしかやりとりしていなくとも、音楽で通じ合える人と出会えたことは、裕一にとって心ときめく出来事だったのだろう。


 とはいえ、裕一の思い切った行動にあっけにとられた視聴者も少なくないはずだ。衝動的に音に会いに行くだけでなく、初対面の関内家の布団でいきなりくつろいだ姿を見せ、赤ん坊のようにぐっすりと眠る裕一。光子に「やはり、ただもんじゃないわね」と言わせるほどの行動だが、思い返してみれば、裕一はこれまでも音楽や好きなことへの情熱に大胆な言動を見せている。たとえば、鉄男(中村蒼)が夢を追い続けているのも、鉄男の才能に感動した裕一が、ガキ大将だった鉄男に一切物怖じせず「詩人になれるよ」と素直な思いを伝えたからだ。音を想うあまり、驚き呆れるような行動をとった裕一だが、これもまた彼らしい一面なのだ。

 また、印象的だったのは、音に思い出の地を案内されているときの裕一の話し方だ。

 前の晩、音に「ひとときだけでもいいので、一緒にいさせてください」と伝えるシーンでは、裕一は度々言葉を詰まらせていた。言葉に詰まる描写からは、音への溢れんばかりの想いが伝わってくる。一方、音に案内されているときの裕一は終始リラックスした様子を見せ、ほとんど言葉に詰まらない。裕一にとって、音は緊張感をもたずに接することができる心の拠り所なのだ。裕一が音にかける言葉はどれも優しく、音も彼の優しさに触れ、安心しているようだった。

 だが、第5週のタイトルは「愛の狂想曲」。2人の恋路は順風満帆にはいかなさそうだ。

■片山香帆
1991年生まれ。東京都在住のライター兼絵描き。映画含む芸術が死ぬほど好き。大学時代は演劇に明け暮れていた。

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
NHK総合にて、3月30日(月)より放送開始
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45、(再放送)11:00〜11:15
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、薬師丸ひろ子、菊池桃子、光石研、中村蒼、山崎育三郎、森山直太朗、佐久本宝、松井玲奈、森七菜、柴咲コウ、風間杜夫、唐沢寿明ほか
制作統括:土屋勝裕
プロデューサー:小西千栄子、小林泰子、土居美希
演出:吉田照幸、松園武大ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる