『盗まれたカラヴァッジョ』予告編 ゴーストライターとマフィアの駆け引きを描く

『盗まれたカラヴァッジョ』予告編 ゴーストライターとマフィアの駆け引きを描く

 2020年1月17日公開の映画『盗まれたカラヴァッジョ』より、予告編が公開された。

 本作は、『ローマに消えた男』『修道士は沈黙する』のロベルト・アンドー監督が、1969年にイタリアで実際に起きた、半世紀に渡り未解決のカラヴァッジョの名画「キリスト降誕」盗難事件の謎を推理し、映画化したもの。

 映画製作会社の秘書・ヴァレリアは、人気脚本家アレッサンドロのゴーストライターでもある。ある時、引退した捜査官と名乗るラックという謎の男が、1969年に世界を震撼させたマフィアによるカラヴァッジョの名画「キリスト降誕」盗難事件を映画化するようにヴァレリアに助言する。ヴァレリアがプロットにまとめると、映画会社は傑作だと興奮し、瞬く間に映画化が決定するが、アレッサンドロが何者かに誘拐され昏睡状態で発見される。映画の内容を嗅ぎつけたマフィアが動き始めたのだ。ヴァレリアはラックの情報を元にミスターXとしてシナリオを書き進める。マフィアがミスターXの正体を探る中、映画の制作は進んでいく。果たしてラックの正体は。ついに半世紀に渡る盗難事件は解決するのか。

 『歓びのトスカーナ』のミカエラ・ラマッツォティや、『神様の思し召し』のアレッサンドロ・ ガスマンが出演。アンドー監督は本作について、「この作品は映画そのものについての映画だ」と語り、イタリア映画記者協会賞で脚本賞をはじめとする3部門にノミネートされた。

映画『盗まれたカラヴァッジョ』予告編

 公開された予告編は、ヴァレリアが、突如現れた謎の男から名画「キリスト降誕」盗難事件の真相を映画化するよう助言されるシーンから始まる。製作チームが映画を撮影しようとする様子や、“ミスターX”の正体を探るマフィアたちの姿が映し出されている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『盗まれたカラヴァッジョ』
2020年1月17日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
監督・原案・脚本:ロベルト・アンドー
出演:ミカエラ・ラマッツォティ、アレッサンドロ・ガスマン、イエジー・スコリモフスキ
配給:サンリス
2018年/イタリア=フランス/イタリア語・英語/110分/カラー/原題:Una Storia Senza Nome/PG12
(c)2018 Bibi Film – Agat Film & Cie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる