遺作『アニエスによるヴァルダ』の上映も アニエス・ヴァルダ監督特集上映予告編&ポスター公開

遺作『アニエスによるヴァルダ』の上映も アニエス・ヴァルダ監督特集上映予告編&ポスター公開

 2019年3月に90歳で亡くなったフランス映画界を代表する女性監督、アニエス・ヴァルダ監督の遺作『Varda par Agnes』の邦題が、『アニエスによるヴァルダ』に決定。同作を含む特集上映「RENDEZ-VOUS avec AGNES アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」が12月21日よりシアター・イメージフォーラムほかにてスタートすることが決定し、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 『ラ・ポワント・クールト』で劇映画デビューを果たした1954年から、2017年に JRと共同監督した『顔たち、ところどころ』まで、長きにわたるキャリアの中で40本以上の短篇、長編劇映画、ドキュメンタリーを監督したヴァルダ。ヌーヴェルヴァーグの時代で唯一名を残した女性監督としてのみならず、写真家、ビジュアル・アーティストとしても活動し、数多くの写真作品、インスタレーション作品を世に残した。2019年2月のベルリン国際映画祭に登壇した1カ月後の訃報に世界中が驚き悲しみ、マドンナやアンジェリーナ・ジョリー、ジェーン・バーキン、ギルレモ・デル・トロなど、世界中の映画人、アーティストが追悼の意を表した。

 『百一夜』など3本のヴァルダ作品に出演したフランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴは、「アニエスの人生で驚くべきは、若くして写真家として活動を始めてから最期の時まで70年近く創造の仕事を追求していたこと。そのことが一番感動的でした」、マーティン・スコセッシ監督は「アニエスは、人生でも芸術でも誰の足跡もたどらなかった。彼女に会えたことを幸運に思う。そしてすべての若い映画人に、彼女の作品を観てほしい」と語っている。

 遺作となった『アニエスによるヴァルダ』は、彼女の半世紀以上に渡る創作活動を彼女自身が情熱とユーモア溢れる口調で語りつくし、貴重な映像とともに綴る集大成的セルフ・ポートレイト。そして、「ヌーヴェルヴァーグはここから始まった」と言っても過言ではないデビュー作『ラ・ポワント・クールト』、自身が事務所兼住居を構えるパリ14区、ダゲール通りに暮らす人々を点描したドキュメンタリー作家としての真骨頂『ダゲール街の人々』という、日本においては正式劇場公開されていない2作も同時公開される。

 公開されたポスタービジュアルは、映画『創造物たち』を撮影中の30代後半のヴァルダ監督の写真を大きく使用。写真上にあるサインは、ヴァルダ本人による直筆のものとなる。

「RENDEZ-VOUS avec AGNÈS アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」

 予告編では3作品を紹介しながら、終盤では、ヴァルダと『冬の旅』に主演した女優サンドリーヌ・ボネールが笑い合う姿も。『アニエスによるヴァルダ』のオープニングでヴァルダが語る、「長年この仕事を続けてきた理由を話しておくわ。キーワードは3つ。“ひらめき”と“創造”そして“共有”」という、創作の秘密を紐解いていく言葉で、予告編は締めくくられている。

 今回の特集上映開催にあたり、ヴァルダ監督と同時代を生き、作品をリアルタイムで観てきた映画評論家の秦早穗子をはじめ、各作品へもコメントが到着した。

アニエス・ヴァルダ特集コメント

秦早穗子(映画評論家)

アニエス・ヴァルダには、きらめきと創造、勇気と忍耐があった。
現実を見つめる厳しい目と、愛に溢れたやさしさがせめぎ合い、
生きる力となって、ヴァルダを前進させた。
彼女の素晴らしさは、女の心、肉体、その内部を言葉ではなく、映像で表現したこと。
同時に、一本のバゲットをみんなで分かちあう喜びも現す女(ひと)であった。

『アニエスによるヴァルダ』山崎まどか(コラムニスト)

アニエス・ヴァルダによる自作の解説はまるで、
彼女の冒険に満ちた長い映画人生のアンコールのよう。
ブラヴォーと叫んで拍手して、何度でもアニエスをスクリーンに呼び戻したい。
何度でも彼女の映画をスクリーンで見たい。

『ラ・ポワント・クールト』中条省平(映画評論家)

26歳の写真家ヴァルダは、少女時代を船のなかで過ごした海辺の町に帰り、
その漁村でパリから来た夫婦の愛の不毛のドラマを撮った。
太陽の光が照り、海の微風がそよぎ、その風景を永遠に変えた。
そして、それが<ヌーヴェル・ヴァーグ>に先立つ映画の革命になった。

『ダゲール街の人々』佐藤久理子(文化ジャーナリスト)

すべての始まりはここから! ヴァルダが終生愛した、ダゲレオ写真の発明家の名に因んだパリの裏通りには、アコーディオンの調べが響き、バゲットの香ばしい匂いが漂い、夜更けまでミシンの音が聞こえる。「ダゲール村」のポートレートは、わたしたちをノスタルジックな素顔のパリにタイムトリップさせてくれる。

Arrow
Arrow
『アニエスによるヴァルダ』
ArrowArrow
Slider

※Agnesの「e」はアクサンテギュ付きが正式表記

■公開情報
「RENDEZ-VOUS avec AGNES アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」
12月21日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
配給:ザジフィルムズ
les creatures – marilou parolini (c) varda estate

『アニエスによるヴァルダ』
監督:アニエス・ヴァルダ
製作:ロザリー・ヴァルダ
2019年/フランス/119分/カラー/5.1ch/1:1.85/原題:Varda par Agnes/日本語字幕:井村千瑞
(c)2019 Cine Tamaris – Arte France – HBB26 – Scarlett Production – MK2 films

『ラ・ポワント・クールト』
監督・脚本:アニエス・ヴァルダ
編集:アラン・レネ
出演:フィリップ・ノワレ、シルヴィア・モンフォール
1954年/フランス/80分/モノクロ/モノラル/スタンダード/原題:La pointe courte/日本語字幕:井村千瑞
(c)1994 AGNES VARDA ET ENFANTS

『ダゲール街の人々』
監督:アニエス・ヴァルダ
撮影:ウィリアム・ルプシャンスキー、ヌーリス・アヴィヴ
1975年/フランス/79分/カラー/モノラル/スタンダード/原題:Daguerreotypes/日本語字幕:横井和子
(c)1994 agnes varda et enfants

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ