J・J・エイブラムス製作『オーヴァーロード』5月公開 ナチスに潜む異形の敵とは?

J・J・エイブラムス製作『オーヴァーロード』5月公開 ナチスに潜む異形の敵とは?

 J・J・エイブラムス製作のサバイバル・アクション『オーヴァーロード』が、5月10日より公開されることが決定した。

 本作は、ロンドン映画祭・最優秀作品賞にノミネートされたクライムサスペンス映画『ガンズ&ゴールド』のジュリアス・エイヴァリーが監督を務めるバッド・ロボット製作最新作。舞台は1944年、第二次世界大戦下。ノルマンディー上陸作戦が開始された直後、ナチス占領下のフランスに重要な使命のもと、落下傘部隊が送り込まれる。決死の激戦の末、生き残った兵士たちはナチスにより要塞化した教会に潜りこむが、地下の謎めいた研究所で誰も見たことのない敵と遭遇する。

 主人公の米軍二等兵・ボイスを演じるのは、デンゼル・ワシントンと共演し、第89回アカデミー賞作品賞にもノミネートされた『フェンス』で長編映画デビューを果たしたジョヴァン・アデポ。寄せ集めの部隊の指揮を執る伍長・フォード役で『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』のワイアット・ラッセル、ナチス占領下の村で自らの危険を顧みず、米兵たちを匿う娘・クロエ役で本作がデビューとなる新人マティルド・オリヴィエ、ナチス親衛隊将校・ワフナー役で『ゴースト・イン・ザ・シェル』のピルー・アスベックが出演する。

 脚本には『ハンガーゲーム』や『キャプテン・フィリップス』のビリー・レイと『レヴェナント:蘇えりし者』のマーク・L・スミスを迎え、エイブラムスをはじめ、一流スタッフが集結。公開された場面写真では、彼らが手がける迫力の爆発シーンや、『クローバーフィールド』や『SUPER 8/スーパーエイト』のような不穏なクリーチャーを予感させる姿が捉えられている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『オーヴァーロード』
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
製作:J・J・エイブラムス、リンジー・ウェバー
監督:ジュリアス・エイヴァリー
脚本:ビリー・レイ、マーク・L・スミス
原案:ビリー・レイ
製作総指揮:ジョー・バーン、ジョン・コーエン、コリー・ベネット・ルイス
出演:ジョヴァン・アデポ、ワイアット・ラッセル、ピルー・アスベック、マティルド・オリヴィエ、ジョン・マガロ、イアン・デ・カーステッカー
配給:プレシディオ
(c)2018 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:overlordmovie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる