見た目はオトナ、中身はコドモのスーパーヒーロー DC映画『シャザム!【仮!】』来年4月日本公開

見た目はオトナ、中身はコドモのスーパーヒーロー DC映画『シャザム!【仮!】』来年4月日本公開

 『スーパーマン』や『バットマン』のDC映画最新作『シャザム!【仮!】』が、2019年4月19日に日本公開されることが決まった。

 本作は、見た目はオトナだが中身はコドモの“ピュア”ヒーローの活躍を描いたコメディ・アクション。ある日、魔術師からヒーローの才能を見出され、世界の救世主に選ばれた思春期真っ只中の少年ビリーは、ある言葉を叫ぶと、心は少年のまま体は大人のスーパーヒーローに変身できるようになる。その魔法の言葉「シャザム!」を唱えると、【S=ソロモンの知力、H=ヘラクラスの強さ、A=アトラスのスタミナ、Z=ゼウスのパワー、A=アキレスの勇気、M=マーキューリーの飛行力】という6つのスーパーパワーを持ち合わせるヒーローに変身する。シャザムは、スーパーマンを凌ぐほどの絶対的強さを秘める最強のスーパーヒーローだが、筋肉隆々の神のような肉体の中で、心は少年のままのため、“超能力で携帯を充電できる?”など、ティーネージャーらしくスーパーパワーをいたずらで使ったりしてしまう。しかし、彼にはある使命が課せられていた……。

 タイトル・ロールを演じるのは、『CHUCK/チャック』のザッカリー・リーヴァイ。そのほか、『アンディ・マック』シリーズのアッシャー・エンジェル、『キングスマン』シリーズのマーク・ストロング、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のジャック・ディラン・グレイザーらがキャストに名を連ねる。『アナベル 死霊人形の誕生』のデヴィッド・F・サンドバーグが監督を務めた。

『シャザム!【仮!】』日本版特報映像

 あわせて公開された日本版特報映像では、シャザムが自らのスーパーパワーで強盗を撃退し「君たち! ボク、スーパーヒーローです!」と街の人々にアピールする様子などが確認できる。

■公開情報
『シャザム!【仮!】』
2019年4月19日(金)全国公開
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
製作:ピーター・サフラン
出演:ザッカリー・リーヴァイ、アッシャー・エンジェル、マーク・ストロング、ジャック・ディラン・グレイザー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
公式サイト:shazam-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ