BiSHやBiSの新メンバーを目指す少女たちの7日間 WACKオーディションの記録映画1月公開

BiSHやBiSの新メンバーを目指す少女たちの7日間 WACKオーディションの記録映画1月公開

 BiSH、BiS、GANG PARADE、EMPiREが所属する音楽事務所WACKが贈るオーディション・ドキュメンタリー映画『世界でいちばん悲しいオーディション』が、2019年1月11日より緊急公開されることが決定した。

 本作は、アイドルを目指す24人の少女が、九州の離島・壱岐島で「アイドルになる」という夢を叶えるため、合宿形式で行われた過酷なオーディションに挑む様子に完全密着したドキュメンタリー。『遭難フリーター』などで知られるドキュメンタリー監督・岩淵弘樹がメガホンを取り、アイドルになるための彼女たちの溢れる情熱を画面に収めた。

 歌、ダンス、マラソン、そして時にはスクワット対決や人生ゲームといった、やる気や運も試される過酷な試練を乗り越え、覚醒し、アイドルへの階段を上がっていく候補生たち。毎夜行われる脱落者発表、理不尽とも思えるジャッジに感情を揺さぶられながら、本性をむき出しにしていく。

 昨年公開された『劇場版 アイドルキャノンボール2017』に続き、WACKの合同オーディションに密着したドキュメンタリー第3弾でもある本作では、時代を切り開く新感覚ユニットを多数生み出してきたWACKのオーディションの全貌が描かれる。

 また、公開決定に併せて、メインビジュアルも公開。24人の少女たちの姿に、「アイドルってこんなに辛い状態にならないとなれないんですか?理不尽です。」とコピーが添えらえている。

Arrow
Arrow
20181116-ode-sub1
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『世界でいちばん悲しいオーディション』
2019年1月11日(金)よりテアトル新宿ほか、全国順次公開
監督・撮影・編集:岩淵弘樹
プロデューサー:渡辺淳之介
撮影:バクシーシ山下、西光祐輔、白鳥勇輝、エリザベス宮地
出演:オーディション候補生、モモコグミカンパニー(BiSH)、パン・ルナリーフィ(BiS)、ペリ・ウブ(BiS)、キャン・GP・マイカ(GANG PARADE)、BiSH、BiS、
GANG PARADE、EMPiRE
配給:松竹メディア事業部
2018年/98分/ヴィスタサイズ
(c)WACK INC.
公式サイト:http://sekakana-movie.jp
公式Twitter:@sekakana_movie
WACK公式サイト:https://www.wack.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる