『アリータ』はアクションだけじゃない? ジェームズ・キャメロン、“人間的な成長物語”と明かす

『アリータ』はアクションだけじゃない? ジェームズ・キャメロン、“人間的な成長物語”と明かす

 2019年2月22日に全国ロードショーされる映画『アリータ:バトル・エンジェル』の最新予告が公開された。

 木城ゆきのコミック『銃夢』を、『アバター 』のジェームズ・キャメロン製作・脚本で実写化した本作の舞台は、天空に浮かぶユートピア都市“ザレム”と、ザレムから排出された廃棄物が堆積して山をなす荒廃した街“アイアンシティ”に分断された世界。

『アリータ:バトル・エンジェル』最新予告

 今回公開された映像では、キャメロンからのコメントと、サイボーグの少女=アリータの人間らしい葛藤や、ド迫力のバトルシーンを捉えている。冒頭では、アイアンシティに暮らすサイバー医師のイド博士(クリストフ・ヴァルツ)によって、瓦礫の中から拾われて新たなサイボーグの体を与えられた少女=アリータが、記憶をなくした自分が何者なのか? と悩む様子が映し出される。

 そんなアリータをイドはまるで本当の子供のように大切に育てるが、ある日、アリータはイドを守るために戦い、自分の中にコントロールできないほどの戦闘能力が備わっていることに気づいてしまう。実は彼女は、300 年前大戦中に失われたテクノロジーで作られた最強の兵器だったのだ。

 そして、映像の後半では、そんな最強兵器として作られたという壮絶な過去を持つアリータを破壊しようと凶悪な殺人サイボーグたちが次々と襲い掛かる。しかし、戦士として覚醒めたアリータは驚異的な格闘スキルで相手を圧倒していく。

 手に汗握るシーンもある中、キャメロンは、映像だけでなく、「ひとりのサイボーグの少女の、非常に人間的な成長物語だ」と壮大な世界観の中でも、アリータの繊細な心情に寄り添ったドラマに焦点を当てたことを明かす。さらに、本作のメガホンを取るロバート・ロドリゲスもまた、「アクションのスリルと愛情にあふれた最高の人間ドラマが描かれているよ」と、アクションだけでなく、愛情溢れるドラマにも自信を覗かせる。 

■公開情報
『アリータ:バトル・エンジェル』
2019年2月22日(金)全国ロードショー
出演:ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリ
監督:ロバート・ロドリゲス
脚本・製作:ジェームズ・キャメロン
原作:『銃夢』木城ゆきと
配給:20世紀フォックス映画
(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる