>  >  > 『ジュラシック・ワールド』最新作最終予告

史上最大の海棲生物モササウルスが忍び寄る 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』“最終版”予告

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月13日に公開される映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』より、日本限定となる最終版予告編が公開された。

 本作は、『ジュラシック・パーク』『ジュラシック・ワールド』の『ジュラシック』シリーズ最新作。前作『ジュラシック・ワールド』でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク“ジュラシック・ワールド”を有する島、イスラ・ヌブラル島を舞台に、迫り来る危機的状況の中、究極の選択を迫られる人類の姿を描く。前作に続きクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードが続投。監督は『怪物はささやく』のJ・A・バヨナが務める。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本独占【最終予告】

 このたび公開された予告編は、火山の大噴火が迫る島から恐竜たちを救うため、主人公オーウェンが島へ向かう模様から始まる。前作で心を通わせた恐竜・ブルーと脱出しようとした瞬間、何者からの襲撃を受け、ブルーが連れ去られてしまう。クレアの「騙されたのよ!」という悲痛な叫び、そして謎の男の「研究に応用してみないか?」という意味深な一幕も。さらにT-レックス、プテラノドン、そして前作でも人気を博した史上最大の海棲生物 “モササウルス”がサーフィンを楽しむ人々の背後に忍び寄る姿などが映し出されている。

 また、公開に先駆けて4月27日から本作の特製ステッカーが全国の劇場(※一部劇場除く)にて展開されることも決定した。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
7月13日(金)全国ロードショー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
配給:東宝東和
(c)Universal Pictures
公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/

「史上最大の海棲生物モササウルスが忍び寄る 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』“最終版”予告」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版