>  >  > 『レディプレ』ガンダム変身シーン

「俺はガンダムでいく!」 『レディプレ』森崎ウィンのガンダム変身シーン、日本限定公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月20日から公開される映画『レディ・プレイヤー1』から、特別に日本にだけ許されたガンダムの変身シーンが公開された。

 今回公開されたのは、森崎ウィンが演じるダイトウ(トシロウのオアシスでのアバター)が、『機動戦士ガンダム』のRX-78-2 ガンダムに変身する映像。「俺はガンダムで行く!」と叫んだダイトウは、空中に浮かぶ戦闘機から一気にダイブ。空中で回転するダイトウの姿は、みるみるうちに連邦の白いモビルスーツ ガンダムへ変わり、トレードマークの赤い盾を突き出す。

 「俺はガンダムで行く!」というセリフは本編で唯一の日本語なのだが、実は脚本では英語のままだった。しかし撮影中に突然スティーヴン・スピルバーグ監督が、「このセリフは日本語でいこう!」と言い出したそうで、森崎もとても驚いたそうだ。

 ガンダムの他にも本作には『ハローキティ』のキティちゃんや対戦格闘ゲームの金字塔『ストリートファイター』シリーズの春麗やリュウなど、数多くの日本のキャラクターたちが登場する。スピルバーグは「僕はこの映画に登場する日本のPOPカルチャーが大好きだ。みんなが知っているアキラのオートバイやガンダムなどね。この映画には日本からやってきた素晴らしいアニメやマンガが詰まっている。そして僕はそれらを讃えたかったんだ」と語り、作品を通して日本のPOPカルチャーへの称賛を表したかったことを明らかにした。

『レディ・プレイヤー1』日本限定映像

■公開情報
『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金)全国ロードショー
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:ザック・ペン
原作:アーネスト・クライン著『ゲームウォーズ』(SB文庫)
出演:タイ・シェリダン、オリヴィア・クック、マーク・ライランス、サイモン・ペッグ、T・J・ミラー、ベン・メンデルソーン、森崎ウィン
(c)2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

「「俺はガンダムでいく!」 『レディプレ』森崎ウィンのガンダム変身シーン、日本限定公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版