>  >  > 『レッド・スパロー』特別映像

女スパイ訓練所の真実の姿が ジェニファー・ローレンス主演『レッド・スパロー』特別映像公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月30日公開の映画『レッド・スパロー』より、特別映像が公開された。

 本作は、『ハンガー・ゲーム』シリーズのジェニファー・ローレンスとフランシス・ローレンス監督が再びタッグを組んだスパイアクション。バレリーナの将来が怪我のために断たれ、病気の母に治療を受けさせるため、ロシアのスパイ=“スパロー”養成機関に送られたドミニカが、アメリカのCIA局員に接近し、ロシア政府内に潜むスパイの名を聞き出すミッションに挑む模様を描く。

 ローレンスが主人公ドミニカを演じるほか、『ラビング 愛という名前のふたり』のジョエル・エドガートン、『胸騒ぎのシチリア』のマティアス・スーナールツ、『さざなみ』のシャーロット・ランプリング、『ジャスティス・リーグ』のジェレミー・アイアンズらが出演する。

『レッド・スパロー』特別映像

 本作の原作者であるジェイソン・マシューズは、33年間にわたりCIA作戦本部に勤務し、いくつもの国で国家安全保障に関わる工作活動をした人物。そんなマシューズは「ソ連では、ターゲットの捜査官をゆするため、若い女性に人を罠にかける方法や、誘惑方法を教えていた」と証言しており、その内容を描いているのが、まさに今回の女スパイの訓練施設の映像だ。現実に、ロシアに属するタタールスタン共和国の首都カザン市にあるという訓練所では、「若い女性を“ハニートラップ”として訓練させていて、彼女たちは“スパロー”と呼ばれていた」とマシューズが明かしている。その言葉どおり、映像では「今日から皆さんは“雀(スパロー)”。戦いの武器となるのです」と冷静な表情を崩さない女監督官の指導がなされ、“ターゲットの欲望を見抜き”、“自らの全てを使いターゲットを堕とし”、“心を捨て国家のために道具となる”という極意を叩き込まれている。

 この女スパイたちを鍛え上げ、ひときわ冷酷で圧倒的な存在感を放っている女監督官を演じたランプリングは「彼女は国に献身的に仕え、共産主義に身を捧げている人物。規律や命令を重んじ、一個人の小さな人生よりも国家の目的を重要視しているの」と話し、まさに女スパイのリアルな世界を象徴するようなキャラクターになっていると説明。さらにランプリングは、「幼い頃からスパイ訓練所にいた彼女は、そこで出世し教師になった。そんな彼女が最初にドミニカと会った時、若い時の自分を見ているように思っているの」と謎に包まれた女監督官の経歴を明かし、主人公ドミニカがこの後、一流の女スパイへと変貌を遂げていくことを期待させている。

■公開情報
『レッド・スパロー』
3月30日(金)全国ロードショー
監督:フランシス・ローレンス
出演:ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズ
配給:20世紀フォックス映画
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/redsparrow/

「女スパイ訓練所の真実の姿が ジェニファー・ローレンス主演『レッド・スパロー』特別映像公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版