>  >  > 『最後のジェダイ』ルーク役に島田敏

声優・島田敏、『最後のジェダイ』ルーク役に決定 「30年分の重みを受け止めながら演じたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月15日に公開される映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より、ルーク・スカイウォーカーの日本語吹替版声優を島田敏が務めることが発表された。

 本作は、2015年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の続編となるシリーズ最新作。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーと出会ったレイの新たな物語が描かれる。

 このたび、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の日本語吹替版でルーク・スカイウォーカーの日本語吹替版声優を務めた島田敏が、『最後のジェダイ』でもふたたびルーク役を務めることが決定。島田はルーク役のほか、『ドラゴンボールZ』のブロリー、『ちびまる子ちゃん』のさくら友蔵などを務めている。

 昨日より放送されているテレビCMでは、冒頭から「ジェダイは滅びる」というセリフを披露している。

 島田敏(ルーク・スカイウォーカー役)コメント

 ルーク・スカイウォーカーを再び演じることについて

『最後のジェダイ』は、どんな壮大なストーリーが展開されるのか想像できませんが、きっと「驚きと感動」の連続だと期待しています。30年の時を超え、その30年分のルークの重みをしっかりと受け止めながら凛とした思いで演じたいと思います。

 主人公レイへの印象

レイは謎が多いキャラクターだと思います。親がいなかったり・辺境に住んでいたり・普通の何者でもない存在が、ルークと被る印象があります。『最後のジェダイ』では、壮大な物語の中でレイとルークが紡ぐどのようなドラマが待っているのか、大いに期待したいですね。

『最後のジェダイ』への期待

『最後のジェダイ』ではおそらくルークも活躍するようですが、彼の背負っている運命といったものを繋いでいけるのか、その戦いが待っているのではないかと思います。『フォースの覚醒』を見たときに、本当に展開が面白く、物語を・人間模様をしっかり紡いでいるなぁと感じました。『最後のジェダイ』にも凄いドラマチックな展開を期待しています。

■公開情報
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金)全国公開
監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/

「声優・島田敏、『最後のジェダイ』ルーク役に決定 「30年分の重みを受け止めながら演じたい」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版