大島優子は脇に回ると強い! 『東京タラレバ娘』のテクニシャンぶり

 大島の声は、正統派アイドルとしてはややハスキーに寄っていたが、女優としては、外見の甘さを打ち消し、大人の色気を加味するという意味で大きな武器になっている。もう一つの武器はコメディにも対応できる表情の豊かさだ。特筆すべきは眉毛力。仲間を慰めるときの八の字眉、誰かを睨みつけるときのつり上がった眉、左右を段違いにだってできる高等テクなど、自由自在。原作キャラのメガネがアンダーリムなので、上フレームに眉毛の動きが隠されないのもプラスの結果に。

 もしかして大島優子は生来のセンターではなく、アイドルのセンターという“役”を演じていただけなのではないだろうか? 『東京タラレバ娘』でのテクニシャンぶりを見ていたら、そんな妄想ともいえる疑問にたどり着いてしまった。小雪が不倫地獄にハマっていく第4話を観ながら、その答えを見つけたい。

■須永貴子
インタビュアー、ライター。映画やドラマを中心に俳優や監督、お笑い芸人、アイドル、企業家から市井の人までインタビュー仕事多数。『NYLON JAPAN』『Men’s EX』『Domani』『GOHETE』『シネマトゥディ』『エイガドットコム』、映画プレス、劇場用パンフレットなどに執筆。

■番組情報
『東京タラレバ娘』
毎週水曜日よる10時00分〜
製作著作:日本テレビ
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/tarareba/index.html

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる