『青空エール』で注目! 葉山奨之、話題作起用の理由は“怒り”の演技にアリ

唯一無二の“怒り演技” 俳優・葉山奨之

 水島は自分とまったく正反対の役だった、と葉山は語っているが、彼のインスタグラムや映画PR中のオフショットなどを見ると、確かに水島とはまったく別人のような朗らかな笑顔を見せている。いかに彼が芝居の中で“豹変”しているかが理解できるだろう。演技に対して真摯に向き合い、時には思いつめるほどの役への没入。フィクションでありながら、確かにそこで“生きている”と思わせるものが、葉山の演技にはある。

 『青空エール』で共演した竹内涼真が類を見ない突き抜けた爽やかさをもっているのに対し、爽やかさを持ちながら心の闇を兼ね備えた演技もできるのが、葉山奨之の強みだろう。小栗旬、加瀬亮を憧れの俳優と公言しているが、二人に勝るとも劣らない唯一無二の役者として、その存在感を高めていくはずだ。

(文=石井達也)

■公開情報
『青空エール』
全国東宝系にて公開中
監督:三木孝浩
脚本:持地佑季子
原作:河原和音「青空エール」(集英社マーガレットコミックス刊)
出演:土屋太鳳、竹内涼真、葉山奨之、堀井新太、小島藤子、松井愛莉、平祐奈、山田裕貴、志田未来、上野樹里
(c)2016映画「青空エール」製作委員会(c)河原和音/集英社
公式サイト:aozorayell-movie.jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる