>  >  > 『ドリー』“ベビー・ドリー”本編映像公開

『ファインディング・ドリー』、“ベビー・ドリー”の本編映像公開 ドリー両親の姿も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディズニー/ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』より、本編映像が公開された。

 本作は、第76回アカデミー賞長編アニメーション賞受賞作『ファインディング・ニモ』の続編。カクレクマノミ・ニモの親友である忘れんぼうのドリーが、唯一忘れられなかった“家族の思い出”とその秘密を求めて、海の生物にとって禁断の場所“人間の世界”で大冒険を繰り広げる模様を描く。

『ファインディング・ドリー』“ベビー・ドリー”の本編映像

 このたび公開された本編映像は、ドリーの赤ちゃん時代のキャラクターである“ベビー・ドリー”が初登場するシーン。幼い舌ったらずなしゃべり方と、大きな目が特徴的なベビー・ドリーが、小さなヒレを動かして泳ぐ姿や、何か大切なことを忘れてしまって困った時に使う、合い言葉を練習する模様が収められている。また、ドリーの両親が幼いドリーに、友達のふりをしてかくれんぼをしながら、友達の作り方を教える様なども収められている。

 本作の主人公である忘れんぼうのドリーは、前作『ファインディング・ニモ』で父・マーリンの相棒としてニモを探す重要なキャラクター。前作に引き続き、メガホンを取ったアンドリュー・スタントン監督は、「日本の皆さんはきっと“ベビー・ドリー”を気に入ってくれると思う!」とコメントした。

 なお、『ファインディング・ドリー』は、6月17日に全米公開を迎え、4,305館での公開週末の興行収入は136,183,170ドル(Box Office Mojo調べ)を稼ぎ出し、アニメーション作品で全米歴代No.1オープニングの記録を塗り替える大ヒットスタートを切った。

■公開情報
『ファインディング・ドリー』
7月16日(土)全国ロードショー
監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マックレーン
製作総指揮:ジョン・ラセター
日本語版声優:木梨憲武(マーリン役)、室井滋(ドリー役)、上川隆也(ハンク役)、中村アン(デスティニー役)
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/dory

「『ファインディング・ドリー』、“ベビー・ドリー”の本編映像公開 ドリー両親の姿も」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版