>  >  > 『ファインディング・ドリー』コメント公開

『ファインディング・ドリー』監督がコメント 「短所を欠点ではなく、個性として受け止める」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ファインディング・ニモ』シリーズの最新作『ファインディング・ドリー』より、アンドリュー・スタントン監督のコメントが公開された。

 本作は、『ファインディング・ニモ』に登場したキャラクター、忘れんぼうのドリーが主人公務めるスピンオフ作品。カクレクマノミのニモやマーリンをはじめ、タコのハンク、ジンベエザメのデスティニーなど、お馴染みのキャラクターたちと共に、ドリーが“家族の思い出”を求めて大冒険を繰り広げていく。

 前作では“ポジティブで陽気で思わず笑ってしまう存在”として描かれたドリーだが、本作には“ドリーの陽気さの裏に隠された悲しい過去”も描かれている。監督のアンドリュー・スタントンが「前作では、忘れんぼうのドリーがニモやマーリンなど家族同然の存在を見つけられたものの、本当の家族については何ひとつ思い出せていない」と語るように、本作ではドリーが忘れんぼうの性格に悩みながらも、“子供のころに一体何が起こったのか”と家族のことを思い出していく模様が映し出されていく。

 また、監督はドリーについて“短所は個性であり強み”だと説明する。「ドリーは自分の性格を短所だと思っているけど、実はそれはスーパーパワー。自分の短所を欠点ではなく、個性として受け止めることが重要なんだ」と語り、ドリーを通じて、そのことに世界中の人が気付いてほしいと続ける。今年51歳を迎える監督はミッドライフ・クライシス(中年がかかる鬱期)を患い、「子供たちが成長して家を出ていけば、僕は空っぽの巣のような気持になる」と、暗い気持ちを持っていたことを明かしている。しかし、その期間の中で“自分がどういう人間なのか”“本当にこのままで良いのか”と自分自身を見つめ直し、「僕は僕、自分を受け入れるんだ」と考えるようになったことが、本作のテーマやメッセージに繋がっているとコメントした。

■公開情報
『ファインディング・ドリー』
7月16日(土)全国ロードショー
監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マックレーン
製作総指揮:ジョン・ラセター
日本語版声優:木梨憲武(マーリン役)、室井滋(ドリー役)、上川隆也(ハンク役)、中村アン(デスティニー役)
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/dory

「『ファインディング・ドリー』監督がコメント 「短所を欠点ではなく、個性として受け止める」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版