カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞作『ロブスター』日本公開日が決定

カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞作『ロブスター』日本公開日が決定

 第68回カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞作『ロブスター』の日本公開日が、2016年3月5日に決定した。

 独身者はホテルに身を拘束され、45日以内にパートナーを見つけなければ、自ら選んだ動物に姿を変えられてしまう近未来。ホテルへ送られた主人公デヴィッド(コリン・ファレル)が、奇妙な日常の中で恋に落ちていく姿を描いたラブストーリーとなっている。

 本作の監督を務めるのは、『籠の中の乙女』で第62回カンヌ国際映画祭【ある視点部門】グランプリ受賞、第83回米アカデミー賞外国語映画賞ノミネートの経歴を持つギリシャの奇才ヨルゴス・ランティモス。共同脚本として、『籠の中の乙女』のエフティミス・フィリップが参加した、監督初の英語作品である。

 出演はコリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、ジョン・C・ライリー、レア・セドゥ、ベン・ウィショーとベテランから若手まで豪華な役者陣が揃う。本作についてランティモス監督は、「この映画のアイデアはある議論から生まれた。常に人間関係の中にいなければならないとしたら、人はどう感じるか。人間関係を作れない人を他の人はどんなふうに見るか。誰かと一緒にいることができなければ落第者と見なされるのか。誰かと一緒にいるために費やされる期間。恐れ。パートナーになろうとするとついてくる、そのようなありとあらゆることについて話し合った」と語っている。主演を務めたコリン・ファレルは「この映画に無関心なままでいられる人はいないと思う」とコメントし、レア・セドゥも「観客が考えさせられているのが想像できるわ。それは映画において大事なことでもある。ほとんど新しい言語と新しい物事の見方を提示するような映画よ。映画を見たあと、観客は自分自身に問いかけることになるわ」と本作への想いを語った。

◼︎公開情報
『ロブスター』
2016年3月5日(土)よりロードショー
監督:ヨルゴス・ランティモス
脚本:ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ
出演:コリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、ジェシカ・バーデン、オリビア・コールマン、アシュレー・ジェンセン、アリアーヌ・ラベド、アンゲリキ・パプーリァ、ジョン・C・ライリー、レア・セドゥ、マイケル・スマイリー、ベン・ウィショー
(c)2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film,
The British Film Institute, Channel Four Television Corporation. 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる