>  >  > 『サンローラン』日本公開決定

イヴ・サンローランの闇を描いた衝撃作『サンローラン』日本公開決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 20世紀のファッション界を席巻し、「モードの帝王」と呼ばれたイヴ・サンローランの知られざる真実を描いた映画『SAINT LAURENT(原題)』が、「サンローラン」の邦題で日本公開されることが決定。併せてメイン写真が公開された。

 本作は、サンローランが“モンドリアン・ルック”や“スモーキング”で世界的に大ブレイクした直後、1967年から激動の10年間を描いた衝撃作。最も輝き、最も堕落した10年間を、今までにないアーティスティックなタッチで描いていることでも話題となっている。

 『ハンニバル・ライジング』で若き日のハンニバル・レクターを演じた人気実力派俳優、ギャスパー・ウリエルが、イヴ・サンローラン役を熱演しているほか、『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥ、ルキノ・ヴィスコンティ監督作品の常連だったヘルムート・バーガーが出演。『メゾン ある娼館の記憶』のベルトラン・ボネロが監督を務めている。

 なお、本作は2014年のカンヌ国際映画祭のコンペ部門出品をはじめ、セザール賞では最多10部門ノミネート。同年のアカデミー賞にも仏代表として選出されるなど各所で絶賛を浴び、本国フランスでは大ヒットを記録している。

 『サンローラン』は12月4日(金)から、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国順次公開する。

■公開情報
『サンローラン』
12月4日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開
監督:ベルトラン・ボネロ
出演:ギャスパー・ウリエル、ジェレミー・レニエ、ルイ・ガレル、レア・セドゥ、ヘルムート・バーガー
原題:Saint Laurent/2014年/フランス/151分/カラー/ビスタ/5.1ch デジタル
字幕翻訳:松浦美奈
後援:在日フランス大使館、アンスティチュフランセ日本
(C)2014 MANDARIN CINEMA – EUROPACORP – ORANGE STUDIO – ARTE FRANCE CINEMA – SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

「イヴ・サンローランの闇を描いた衝撃作『サンローラン』日本公開決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版