『呪術廻戦』『チェンソーマン』『怪獣8号』……いま、バトル漫画に求められるヒーロー像は? ランキングから考察

週間ベストセラー【コミックス】ランキング(2021年3月9日トーハン調べ)

1位 『呪術廻戦』(15) 芥見下々 集英社
2位 『呪術廻戦 公式ファンブック』 芥見下々 集英社
3位 『チェンソーマン』(11) 藤本タツキ 集英社
4位 『怪獣8号』(2) 松本直也 集英社
5位 『よつばと!』(15) あずまきよひこ KADOKAWA
6位 『呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校』 芥見下々 集英社
7位 『呪術廻戦』(14) 芥見下々 集英社
8位 『呪術廻戦』(1) 芥見下々 集英社
9位 『呪術廻戦』(2) 芥見下々 集英社
10位 『呪術廻戦』(8) 芥見下々 集英社

 3月9日トーハン調べの週間ベストセラーランキング、【コミックス】のジャンルの結果は上記のようなものになった。

 1位の(そして、あいかわらずベスト10の順位をほぼ独占している)芥見下々の『呪術廻戦』だが、先ごろついに、単行本のシリーズ累計が3600万部を突破したようだ。アニメ版も高い評価を得ており、名実ともに「いま」を代表する作品のひとつになったといっていいだろうが、今回発売された15巻(こちらの初版発行部数は150万部!)では、渋谷の街を舞台にした呪術師たちと特級呪霊(+呪詛師)との死闘を描いた「渋谷事変」編が、佳境に入っている。

 一部のネットの考察記事を見ると、この「渋谷事変」編について、作者が統御できていないがゆえに長引いた、というようなことを書いている人もいるようだが、個人的には、この「長さ」は、物語やキャラクターが要求した(つまり、必要な)“尺”だったと思っている。

 というよりも、長いか短いか、あるいは、作者が統御できているかいないかはさほど大きな問題ではなく、メジャーな週刊誌で連載されている少年漫画にとって最も重要なのは、「おもしろいか、おもしろくないか」ということではないだろうか。そういう意味では、「渋谷事変」編は間違いなく「おもしろい」のであり、『週刊少年ジャンプ』本誌でなく単行本で同作を追っている人は、15巻のあの「引き」を見た日には、一刻も早く次の巻を読みたいと思っていることだろう。