広瀬すず“冬のキャンプ”でなにを思う? 温度や匂いまで伝える表情の豊かさ

   女優の広瀬すずが2月10日発売の『週刊少年マガジン』11号の表紙&巻頭グラビアに登場した。あたたかそうなジャンパーに身を包み、12ページの巻頭グラビアを披露している。

2本のスペシャルドラマに登場

 今や日本映画界に欠かせない存在となった若手女優の広瀬すず。映画『海街diary』や『ちはやふる』シリーズなどの出演作では新人賞や女優賞を受賞。アニメ映画『バケモノの子』や『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』では声優にも挑戦するなど、代表作をあげればキリがない。

 2019年にはNHK連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』でヒロイン役を務め、2020年にはアパレルブランド「ルイ・ヴィトン」のアンバサダーにも就任。これらの経歴を辿るだけでもその多彩さに驚かされるし、何より毎年と言っていいほど新しいチャレンジをしていることから、まだまだ秘めたる才能があるのではないかと期待をしてしまう。

 この春には、WOWOWドラマ『あんのリリック – -桜木杏、俳句はじめてみました-』とテレビ朝日スペシャルドラマ『エアガール』の2本のドラマに出演。『あんのリリック – -桜木杏、俳句はじめてみました-』は俳句とラップを掛け合わせた言葉の青春ストーリーとなっており、ラップ好きの大学生を演じ、一方の『エアガール』では、昭和時代を舞台に戦後初のキャビンアテンダント=エアガールを演じている。時代背景もテーマも異なる二つのドラマで、広瀬すずはどのような演技を見せてくれるだろうか。幅広い演技力に、改めて彼女の女優魂が感じられるはずだ。