『美味しんぼ』栗田ゆう子が恋敵への嫉妬をあらわに……やきもちエピソードを検証

『美味しんぼ』のヒロイン、栗田ゆう子。彼女は作品初期から山岡士郎に好意を持ち、様々な場面で嫉妬心を見せることがあった。本稿では栗田が嫉妬心をあらわにした瞬間を検証したい。

君島さわこのボディタッチ

 栗田が山岡に好意を持つ様子を露骨に見せた初めてのシーンが、5巻の「味噌の仕込み」だった。お盆休み、栗田は教師だった祖母の教え子・君島良子の招待で祖母とともに花畑村を訪れる。翌日、キャンプをするため合流予定だった文化部の田畑と三谷が自動車に乗って村にやって来るのだが、運転していたのは田畑から金を借りたものの競馬で返済できなくなった山岡だった。栗田は「あら、山岡さんも」と嬉しそうな表情を浮かべる。

『美味しんぼ』(5巻)

 そんな山岡に目をつけたのが、面識があった良子の娘・君島さわこ。山岡にビールを勧め、「良い飲みっぷりね」と笑うなどいい感じになる。すると栗田は「ま、さわこさんって馴れ馴れしい人ね」と口を尖らせる。その様子を見た田畑と三谷は意味深な笑み。この時点で、文化部の一部メンバーは、栗田が山岡に好意を持つ様子を認識していたようだ。

 その後、鯉料理を作って君島家を救った山岡に、さわこは「山岡さんありがとう、みんな山岡さんのおかげです」と抱きつく。栗田は露骨に不快感を示し「まあ、何よ」と叫び、山岡の腕を掴み「何をグズグズしてるの、鯉料理をどんどん作って頂戴」と引き離し、さわこを睨み付ける。

 山岡に思いを寄せるさわこは、次話「青竹の香り」で、山岡と田畑・三谷・栗田を食事に誘う。山岡へのボディタッチが多いさわこに栗田は「さわこさんたら山岡さんにベタベタして、山岡さんも何よ」と不快感を顕わに。結局食事中に山岡は周大人のもとに行ってしまい、栗田が追いかける。さわこもついていこうとするが、田畑と三谷が「あんな連中放っておこう」と止め、仲を引き裂いた。

 この後、君島さわこが作品に登場することはなく、消息不明となった。ここから結婚まで、山岡に恋心を持つ栗田が描かれていくことになる。

山岡のお見合い

 大原社主からお見合いをするよう業務命令を受けた山岡。お見合い相手の昭子も義理だったようで、安堵して食事をしていると昭子の元交際相手の広田が現れ、太り気味の昭子をなじるような発言をする。山岡が激しく反論すると、女性を引き連れて去っていた。

 数日後、東西新聞社を訪ねてきた広田にお茶を出す栗田。広田が「お膳立てでお見合いをしたと言うこと、失礼ながら調べさせてもらいました」と話すと、山岡にお茶を出そうとしていた栗田は「え、山岡さんがお見合い?」とショックを受けたような顔をして固まる。

 そして出そうとしたお茶を盆に戻し、立ち去ろうとする。山岡が「義理でお見合いいただけ」と弁解するが、栗田は「お義理だったのが残念そうね」と不快感を示した。

 山岡のお見合いにショックを受けた栗田。明確ではないが、「山岡と結婚したい」という気持ちが芽生えていることを伺わせた。