フランシュシュが歌う“ゾンビアイドル”の魂 ストーリーとリンクする魅力的な音楽を紐解く

「REVENGE」

 『ゾンビランドサガ』シリーズ待望の第2期『ゾンビランドサガ リベンジ』(TOKYO MX、AT-Xほか)が放送スタート。劇中アイドルグループ・フランシュシュが歌うテーマソングや挿入歌は、いわゆるアイドルアニメの枠を越えた楽曲群で話題を集め、これまでに第1期OPテーマ「徒花ネクロマンシー」をはじめ、アルバム『ゾンビランドサガ フランシュシュ The Best』などをリリース。今年2月27日には、『ゾンビランドサガ リベンジ』の放送に先駆け、東京・府中の森芸術劇場どりーむホールでライブイベント『ゾンビランドサガLIVE~フランシュシュ LIVE OF THE DEAD “R(リベンジ)”』が開催された。ゾンビアイドルたちの魂が注ぎ込まれたフランシュシュの楽曲と、彼女たちの魅力とは。

ストーリーと絶妙にリンクすることでよみがえる感動

 『ゾンビランドサガ』シリーズは、それぞれの理由で命を失ったメンバーが時代を超えてゾンビとして現代によみがえり、アイドルグループを結成しててっぺんを目指すという内容。

 メンバーは、アイドルになることを決意した矢先に不慮の死を遂げたアイドル志望の17歳=源さくら(CV:本渡楓)、伝説の暴走族「佐賀レディースチーム怒羅美」の初代特攻隊長として、九州地方を制覇した二階堂サキ(CV:田野アサミ)、アイドルグループ=アイアンフリルのセンターボーカルとしてグループを日本一に導くも、ライブ中の落雷で非業の死を遂げた水野愛(CV:種田梨沙)、飛行機事故で亡くなった昭和のアイドル・紺野純子(CV:河瀬茉希)、幕末から明治時代を生きた伝説の花魁のゆうぎり(CV:衣川里佳)、12歳で亡くなった天才子役の星川リリィ(CV:田中美海)、そして唯一自我が目覚めていないメンバーで詳細は不明の山田たえ(CV:三石琴乃)という7人。

 『ゾンビランドサガ』で流れる楽曲は、さまざまなパロディ含め、ジャンルの幅広さはアイドルアニメ界で随一だ。夢に向かって何度でも立ち上がるゾンビアイドルとしての矜持を、ヒーローソング風の迫力あるオケに乗せて高らかに歌い上げた「徒花ネクロマンシー」や、第1期第1話で、デス娘(仮)としてステージデビューを果たした時の挿入歌で、デスメタルサウンドと絶叫だけで構成された「ようこそ佐賀へ」、さらに第2話で、さくらとサキのケンカがラップに発展した「DEAD or RAP!!!」など多彩な楽曲が並ぶ。

TVアニメ「ゾンビランドサガ」OPテーマ『徒花ネクロマンシー』

 各楽曲は挿入歌として放送された話数のストーリーと絶妙にリンクしており、時として物語の感動がまざまざとよみがえる。

 例えば「To my Dearest」は、第8話「GOGO ネバーランド SAGA」の挿入歌として話題を集めた。かつて天才子役として活躍していたリリィの父親は、リリィの死に責任を感じており、それを知ったリリィが父親への愛を込めて歌ったのが、この「To My Dearest」という曲だ。ピュアな愛と父親の幸せを願うリリィの思いが、明るく前向きな楽曲とあいまって、涙が止まらなかったというファンも多いはず。オーケストラサウンドとミュージカル調の歌い回しは、まるでディズニー映画のプリンセスたちが歌っているようで、楽曲の持つ無垢さがシンプルに胸を打つ。リリィ役の田中美海は、2019年に解散した声優ユニット・Wake Up, Girls!のメンバーとしても活躍。12歳のリリィとしての純粋さを持った歌声は、また違った魅力に溢れている。

“生”への未練を歌わず、アイドルとしての誇りを歌う

 「特攻DANCE 〜DAWN OF THE BAD〜」は、サキの友情物語をメインにした第9話のEDテーマとして流れた。同曲は、ヤンクロックを提唱した某バンドのヒット曲をほうふつとさせるもので、劇中でセーラー服に赤い特攻服を羽織った7人が、こぶしを振り上げながらスタンドマイクで歌ったステージが印象的だ。真似して踊りたくなるようなダンスロックで、田野アサミがサキとなって歌うパンチのあるボーカルと、ドスの効いた口上も聴きどころ。第2期第2話「ぶっ壊れかけのレディオ SAGA」でも描かれた、熱い根性論で周囲を巻き込んで動かすサキの魅力が、たっぷりと詰まった楽曲になっている。

 また、第1期の最終話で披露された「ヨミガエレ」は、まさしく死んでも死なない、ゾンビアイドルのテーマソングとも言える楽曲だ。歌唱中、会場の唐津市ふるさと会館アルピノが大雪で崩落してしまうというシーンで、がれきの中から立ち上がり手拍子だけを頼りに歌い続けるシーンは、アイドルアニメ史上群を抜く感動的な場面に。さくらが、メンバーに背中を押されてもう一度マイクを手に立ち上がり、〈ヨミガエレ〉と叫び大歓声を浴びるシーンを見て、魂を揺さぶられたというファンも数多くいるだろう。そこからアンコールで披露された「FLAGをはためかせろ!」もまた、神展開として名高い。

TVアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」第1話挿入歌『REVENGE』/TOKYO MX、AT-Xほかにて放送中!

 そして第2期第1話のラストで歌たわれた「REVENGE」で、フランシュシュは約2年ぶりとなる復活ののろしを上げた。力強さ、熱さ、後ろを振り向かず、ただ前を向く。どんなに過酷な状況が待っていようとも立ち向かう、そんな覚悟を高らかに歌い上げた楽曲だ。こぶしを握りしめて<WOW WOW WOW>と歌う瞬間は、シリーズ随一の力強さを誇る。