Snow Man 岩本照、風間俊介とドラマ共演再び 先輩ジャニーズの刺激受けて磨きをかける演技力

Snow Man

  4月11日放送の風間俊介主演ドラマ『やっぱりおしい刑事』(NHK BSプレミアム)にSnow Manのリーダー・岩本照が出演する。岩本と風間の共演は『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(日本テレビ系)から2度目となる。 

 『やっぱりおしい刑事』は、並外れた推理力を武器に犯人を追い詰めるも、いつも最後になって手柄を同僚に横取りされてしまう“惜しい刑事”こと押井(おしい)を主人公とするコメディミステリードラマ『おしい刑事』の続編。岩本が登場するのは第6話で、チャラいテレビディレクター・甲元和真を演じている。『チート~』から一転、普段のイメージとも違うチャラい役どころだが、岩本がどのように演じているのかも必見だ。

実力派俳優・風間も認めた岩本の演技

 『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』で共演した風間と岩本。風間は詐欺グループ撲滅を目的としたスペシャリスト集団「チート」を創設した刑事・安斎和毅を演じ、岩本は安斎の同期でライバルの蓮見の部下・大谷光司を演じた。風間はこのドラマで久々に掴みどころのないクールな役を熱演し、実力派俳優と呼ばれる所以である演技の幅広さを見せつけた。安斎に対峙する大谷を演じた岩本も、正義感だけでなく野心家の一面も垣間見れる役柄を好演し、先輩である風間の期待に見事に応えた。バラエティ番組などでは温厚なイメージの風間だが、こと役者の仕事に関してはこれまで自ら切り開いてきた道でもあるだけにシビアな一面も。再び共演が叶ったのは、岩本の芝居に対するスタンスを風間が認めている証であるように思う。

『滝沢歌舞伎』で演技力培った岩本と“俳優枠”築いた風間

 岩本はこれまでも『HOT SNOW』(2011年)、『私立バカレア高校』(2012年)、『少年たち』(2019年)などの映画出演をはじめ、ドラマ『SHARK』(日本テレビ系)シリーズや『お兄ちゃん、ガチャ』(日本テレビ系)、Snow Manとして主演した『簡単なお仕事です。に応募してみた』などで演技の経験を積んできた。デビュー後は、今回のドラマのように個人で出演する機会も増えているが、岩本の芝居のベースには『滝沢歌舞伎』で滝沢秀明から学んだ部分も大きく影響しているように思う。『滝沢歌舞伎10th Anniversary』で武蔵坊弁慶を演じた際も、鬼気迫る迫力の芝居と殺陣で圧倒的な存在感を見せつけていた。メイキング映像の役柄に気持ちが入り過ぎ、楽屋に戻って涙する姿も印象的だった。