作曲家 坂東祐大、新レーベルを設立  第1弾作品『ドレミのうた』配信リリース

 坂東祐大が新レーベル<yuta bandoh studio>を設立し、第1弾作品『ドレミのうた』を配信リリースした。

 坂東は、クラシックや現代音楽に軸足を置きながら、宇多田ヒカルや米津玄師などの編曲、映画・テレビドラマ・アニメのサウンドトラックも手掛ける音楽家である。<yuta bandoh studio>は、坂東自ら設立した<FOVE Records>に続いての自主レーベルとなる。

 『ドレミのうた』は、身近なモチーフである“ドレミ”を解体して“違和感”が楽しめる作品となっており、配信流通はナクソス・ジャパン株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長CEO:西﨑博)が行っている。

坂東祐大『ドレミのうた』

■リリース情報
坂東祐大『ドレミのうた』
4月2日(金)配信リリース
ダウンロードはこちら

坂東祐大 Official HP