「SixTONES&Snow Man 徹底解剖」番外編

Snow Man 佐久間大介&SixTONES 京本大我、共通点の多い幼馴染コンビ

Snow Man

 時に良きライバルとして、時に苦難を乗り越えてきた同志として、時にラフな関係の友人として、絆を見せてくれているSixTONESとSnow Man。2組ともデビュー以降それぞれに順調な活躍を見せてきた。「SixTONES&Snow Man 徹底解剖」番外編では、そんな2グループの枠を超えて仲の良いメンバーを取り上げる。今回は、幼馴染だというSnow Man・佐久間大介とSixTONES・京本大我に注目してみたい。

 家族ぐるみの付き合いがあるという、幼馴染コンビの“きょもさく”。生配信された「デビュー日決定!2組で緊急ライブ配信!」の中でも、「生まれた時から知ってるんですよ。出てきたら、もう(佐久間が)いたの」(京本)、「きょもん家で2人で鬼ごっこしたりだとか」(佐久間)と過去のエピソードを語っている。さらに雑誌『Myojo』2021年4月号に掲載された佐久間の10000字インタビューの中では、「俺が(ジャニーズ事務所に)入った次の年かな。幼馴染だった(京本)大我がJr.に入ってきたんだよね。(中略)背後から“え、大我!?”って声かけて。振り向いた大我が“あ、大ちゃん!”ってなって久しぶりの再会だった」と入所後の再会を振り返った。

SixTONES, Snow Man「デビュー日決定!2組で緊急ライブ配信!」

 そんな2人は、金髪がトレードマークであるなど、意外と共通点が多い。例えば、役割は違えど2人ともグループのパフォーマンスの根幹を担うポジションだ。京本はよく通る美声をボーカルとして発揮、佐久間は難易度の高いアクロバットで華を添えている。さらに、実は運動神経があまり良くないという共通点も。京本は度々「運動神経が悪い」と言及しており、もはや周知の事実。佐久間は運動ができるイメージがあるが、特に球技は苦手で『それSnow Manにやらせて下さい』(Paravi)の#45のドッジボールで痛恨のミスをしているシーンが見られる。