KAHOH×Novel Core×$HOR1鼎談 クリエイティブに欠かせない同年代のインスピレーション

 R&Bシンガーソングライター・KAHOHが、3月12日に「Roller Coaster feat. Novel Core」を配信リリースした。「Summer Time」を軸とした前回のKAHOH、KENYA、BBY NABEとの鼎談(参考)に続き、Novel Core、$HOR1との鼎談をお届けする。

 今回も同年代の3人がトーク。KAHOHさんとNovel Coreによる新曲「Roller Coaster」制作のきっかけからTikTokを中心にでバズを生み出す$HOR1も交え、それぞれのインスピレーションの源を探った。(編集部)

あの動画は最初からバズると分かっていた

ーーまず、KAHOHさんとNovel Coreさんの二人で新曲「Roller Coaster (feat. Novel Core)」を作ったということで。今までとはちょっと違うバイブスを感じました。

KAHOH:ちょっとファンクっぽいテイストもあって、可愛い感じですよね。

ーーコラボに至った経緯はどういう感じだったんですか?

KAHOH:大阪のライブイベントで一緒になったんです。元々共通の知り合いも多かったから、そのタイミングで「よし、何かやろう!」って。

ーー今回、テーマなども一緒に決めていった?

KAHOH:一番初めは、違うトラックで曲を作っていたんですけど、あるタイミングでMatt Cabさんから「ローラーコースター」ってアイデアをもらったんです。それで、そのテーマに沿って、違うトラックでまた作り始めて。

ーー共にコラボした感想はどうでしたか?

KAHOH:Novel Coreくんは、思ったよりもホワホワでした。赤い髪とは裏腹なラッパーっていうか、バイブスが優しいお兄ちゃんって感じで。

Novel Core:そうなんだ(笑)。僕は、シンガーの方との1対1のコラボは新鮮でしたね。結構緊張したんですけど、KAHOHちゃんが超ギャルだったんで。僕も結構ギャルなんですよ。だから、お互いのギャル・マインドが合致した感じでした。

KAHOH:初めて会った日、あだ名を付け合ったんだよね。ノッピーって。

Novel Core:これまで、誰も呼んだことがないような名前でね(笑)。

KAHOH

ーー$HOR1さんは、元々Novel Coreさんとも繋がっていて、KAHOHさんとはどんなきっかけで知り合ったのでしょうか?

KAHOH:Yo-Seaさんとのコラボ曲、「Rendezvous」がきっかけかな? あの曲を使って、$HOR1くんがTikTokで動画をアップしてくれたんです。

$HOR1:そうそう。もともと、「Rendezvouz」は曲が好きすぎて、普通に聴いていたんです。Yo-Seaさんもすごく好きだったので。それで、なんか踊ってみようかなって。

KAHOH:友達から$HOR1くんが踊ってる動画が送られてきて、「やば!」って速攻見にいって、「ありがとうございます」って連絡したんです。そしたら、フォローしてくれて、DMでやり取りして、って交流が始まっていきました。

KAHOH & Yo-Sea – Rendezvous (OFFICIAL VIDEO)

ーー$HOR1さんといえば、TikTok上での人気が凄まじいというイメージです。「Rendezvouz」も、「#Rendezvouzchallange」というハッシュタグがバズっていますよね。TikTokでダンス動画を上げる際、気をつけていることはありますか?

$HOR1:まず、みんなが踊れそうな振付にすることを意識しています。あと、僕は基本的にアーティストのリリックをチェックして、それに合わせたダンスをする様にしてるんです。例えばリリックの中に「いいね」というフレーズがあれば、指で「いいね」のポーズを取り入れる、とか。それと、振付が可愛いだけだとつまらないので、見せ場みたいな箇所を1つは入れるようにしています。

$HORI

ーー今回の鼎談の前半に登場してくれたBBY NABEさんの「PINK SWEET」も、TikTok上で$HOR1さんが振り付けの動画を披露したことがバイラルヒットのきっかけになりました。

$HOR1:「PINK SWEET」の振付は、歌詞の中に〈チュッチュッチュ〉というフレーズがある時点で「バズりそう!」と思って、そこをやりたいが為に作りました。でも、予想以上にバズりすぎちゃってちょっと嫉妬してしまいましたね(笑)。でも、あの動画は最初からバズると分かってました。じゃないと作らないので。

ーーすごい……。皆さん、デジタルネイティブと呼ばれる世代ですけど、SNSに疲れちゃうことはありますか?

KAHOH:たまに疲れますね。そういう時は、絶対に触らないようにしています。こないだは1カ月くらい更新しなかったけど、それはちょっと反省しました。一番手軽に自分を発信できる場所なのに、それを手放しちゃうのはもったいなかったなって。

Novel Core:SNSを介して入ってくる情報に疲れてしまうことはありますね。だから、たまに意識的に離れます。携帯もほっぽって、一日、自然ばっかり見る、みたいな。

KAHOH:めっちゃわかる!

$HOR1:僕も、SNSで傷つくことはあまりないけど、それでも限界が来た時は海など、自然がある場所に行って気持ちを落ち着かせてますね。

ーーちなみに、去年はコロナウイルスの蔓延によって、いつもとは違う活動を余儀なくされたのではと思うのですが、それぞれ、どうでしたか?

Novel Core:コロナ禍は、『月とオオカミちゃんには騙されない』(ABEMA)の出演が終わったタイミングでアルバムを出したんです。アルバムのリリースが4月1日だったんですけど、その直後の4月7日に緊急事態宣言が出てしまって。ツアーとかワンマンライブも、計画していたものが全て吹っ飛んじゃったんです。ライブは40〜50本くらい無くなってしまいましたね。当初は部屋から出ずに家族とも話さず、結構病んでしまった感じが1カ月くらい続いたんですけど、「自分が成長するチャンスだ」と思うようになって、自分のマインドが変わっていきました。

KAHOH:私も、ライブが無くなったのは悲しかったですけど、最初の自粛期間が始まってすぐにカバー動画を毎日上げるようにしたんです。だから、暇でもなかったし毎日歌って楽しく過ごしていました。人に合わないから外食することもなくて、めっちゃ痩せたんですよ。「Summer Time」のMVを撮影するときはすごく痩せててラッキーでした。

ーーカバー動画を上げていったのは、全部自分のアイデアで?

KAHOH:はい、自分で勝手に始めたんです。私は歌うことしかできないし、このままじゃ病んじゃうし、「私の存在価値?」って思うようになって。でも、自分が好きなヒップホップの曲ばかり歌っていたら、実際にYENTOWNの方がリツイートしてくれたり、DMをくれたりしたDJの方もいて、色んな人と繋がることができました。それで毎日楽しく過ごすことができましたし、ヒップホップ好きのイメージが定着したかなと思います。

$HOR1:僕も、特にネガティブな影響はなかったです。逆に、コロナの自粛期間にめちゃくちゃ曲を作ってましたね。

ーー$HOR1さんは、もともとダンサーでありながら、昨年は音楽活動もスタートして早速「Honey Bunny」という曲がバズりましたよね。

$HOR1 WINBOY – Honey Bunny [OFFICIAL VIDEO]

$HOR1:「Honey Bunny」に関しては本当の自分の素直な気持ちと実際にあったことを書いて曲にしただけなので、あんなにヒットすると思ってなかったんです。だから、踊ってくれたり、拡散してくれたりしたみんなに感謝ですね。せっかくアーティストとしての道を歩み始めたので、今後はこっちをメインに活動していきないなと思ってるんです。目標は、クリス・ブラウンみたいなアーティストになること。

ーーNovel Coreさんも、昨年はSKY-HIさんが立ち上げたマネジメント/レーベル<BMSG>に移籍するなど、ここ一年でさまざまな変化があったのでは?

Novel Core:1年前ぐらいの自分に今の状況を言っても、多分信じないだろうなってぐらい環境も変わったし、自分の中でのモチベーションの保ち方などもめっちゃ変わったんです。とりあえず無我夢中で走ってきたんですけど、走っている間は自分がどこにいるのかとかも分からないまま走っていた。でも、1年経ってとりあえず今のところに落ち着いて、いざ振り返ってみたら、すごいことになってるなって感じです。

ーーモチベーションの保ち方やマインドセットなど、そういう面で大事にすることはありますか?

Novel Core:素直に生きるとか、自分に嘘をつかないってことを2年前ぐらいからすごく意識するようになったんです。元々、MCバトルで(シーンに)出ていったので、バトルでの印象だけが先行することもあって、そのギャップにやられる時期があったんです。

ーー自分の中で、そのギャップにちょっと苦しむというか。

Novel Core:はい。世間の人たちが思ってる自分と、普段の自分とのギャップに苦しんで、しんどかった時期もあるんです。変に取り繕っていたところもあって。でも、2年前くらい前に素直に生きようと決めたタイミングがあったんです。

ーーそれは、何かきっかけがあったんですか?

Novel Core:バトルで思いっきりしんどくなっちゃって。高校生ラップ選手権の第15回大会に出た時に2回戦で負けたんですけど、その時、それまで超アウェーだったお客さんが負けた時にすごく拍手してくれて、ステージ上で涙が出ちゃったんです。それまで人前で泣くなんて絶対になかったんですけど、初めて堪えきれなくなった。その頃から、等身大で生きようって気持ちになったんです。

ーーKAHOHさんは、自分に対して周りが持つギャップに苦しんだことはありますか?

KAHOH:そんなに違いはないんですけど、アーティストのKAHOHに求められることが、本当の自分にはできないと思えることや、やりたくないって思うことだったりすると、そこですごく葛藤します。

ーーイライラしたり心が落ち着かなくなったりした時の解消法はありますか?

KAHOH:友達に会う。でも、一週間くらい友達に会う期間を作ったら、そのあと二週間くらいは一人になるんです。人に会ってチャージして、そのあと一人になる時間が絶対必要なんです。