円神、ファンとの再会誓った生配信オンラインライブ 宮里ソル「ちゃんと顔を見て、ちゃんとライブがしたい」

 9人組のパフォーマンスユニット・円神が、デビュー両A面シングル『Say Your Name / ENJIN』の発売を記念して、生配信オンラインライブを2021年3月7日に行なった。

 まずは、宮里ソルの切なげな歌声が心地よく広がって始まる「Say Your Name」からスタート。続けて、デビューステージ『nonagon ~始まりの音~』で、A.rik演じるビビが歌った「Dressing is a way of life」を披露する。メンバー同士目を合わせながら笑顔でパフォーマンスする様子から、それぞれがライブを楽しんでいることが伝わってくる。

 2曲パフォーマンスし終えると「皆さんこんにちは、円神です!」と声を揃えて挨拶し、最年少リーダー、瀧澤翼がMCを進行していく。一人ずつ自己紹介をすると、「Say Your Name」が15万回再生を超えたことを振り返った。中本大賀は「正直言うと無理やなって思っとったんよ。でも15万回いって、頑張ってきて良かったなって思うし、MU3E(円神のサポーターズネーム)の皆さんの力ってすごいなって思いました。ありがとうございます」としみじみ。さらに、今回「Dressing is a way of life」の構成をほぼ100%考えたというA.rikは、「今回は僕たちのライブの良さを出すために、自分のパートで目立てるようにしたいと思って作りました」と見どころを語っていた。

 ここで、「次の曲に参りたいと思います」と瀧澤。「次も『nonagon~始まりの音~』で披露させていただいた曲なんですけども、皆さん何の曲が来るか予想してもらってもいいですか。心当たりがある人以外は捌けましょうか」と言われ、残ったのは中本、中谷日向、中林登生のチーム関西。だが、宮里から「違うのよ、3人残るな」と引っ張られてステージを去る。代わりに登場したのは、草地稜之と熊澤歩哉。「僕たちが残ったということは皆さんもうおわかりですか? そうです、『OBENTO ~お弁当の歌~』です。12月の舞台でたくさんのご声援をいただいたので、今回3月7日渋谷タワレコスペシャルバージョンで皆さんにまた届けることが決まりました。この曲は僕たち含め、皆さんも一緒に楽しめる曲になっています」と曲紹介をすると、サビの振りをレクチャーした。

 ポップでかわいらしい「OBENTO ~お弁当の歌~」を9人揃って元気に披露すると、熊澤は「舞台では(草地と)2人のみの曲だったので、円神みんなで披露できたのがとっても幸せです」と満足げな表情を浮かべる。メンバーたちも「若返った気分になりました」(中谷)、「舞台の横で見てずっと踊ってたの。やっと見せることができたなって」(山田恭)、「この曲はひたすら楽しむ曲」(宮里)と楽しそうに笑顔を見せた。