櫻坂46、“モテメンバー”に選ばれた3人 『そこさく』で見えてきた愛らしい素顔

櫻坂46『Nobody’s fault』(通常盤)

 先日の『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京)はモテメンバーグランプリ。グループ内で「彼女にしたいメンバー」をアンケート調査し、その上位3名を発表するという企画であった。見事上位に選ばれたのは菅井友香、松田里奈、田村保乃の3人。発表の際には理由も合わせて公開されたため、メンバー間の関係性も同時に浮かび上がってきた。今回の放送で見えてきた関係性や新たな一面に注目してみよう。

尽くすタイプで完璧すぎない菅井友香

 3位に選ばれたのはグループのキャプテンを務める菅井友香。菅井と言えば、お嬢様キャラが定着している。そのためおしとやかで上品といったイメージで語られることが多い。しかし菅井に投票した田村は「尽くしてくださりそうだし、常に癒しを与えてくださりそう」「男性側に何かあるまでずっと思い続けてくださったり、好きでいてくれそう」と菅井の“尽くす”一面に惹かれているとコメントしている。一方でグループ最年少の山﨑天は、菅井を「完璧すぎない」「欠点が長所になっている」「ハイスペックすぎない」と評した。グループをまとめるキャプテンシーを持ちつつも、たまに天然な一面も見せる菅井の人柄を上手く表現しているように思う。このように菅井は、相手に尽くす一面を持ちながら、ハイスペックすぎない親しみやすさのあるキャラクターがグループ内で人気のようだ。

コミュニケーション能力の高い松田里奈

 準グランプリは先日副キャプテンに選ばれた松田里奈。遠藤光莉は松田について「いつもニコニコお話を聞いてくれるので、一緒にいたら話題も豊富で楽しそう」とコメントした。また同期の関有美子も「家族や自分の友達とも仲良くやってくれそう」「人見知りもしないタイプ」と彼女のコミュニケーションスキルを理由に選んでいる。こうした点についてはキャプテンの菅井も以下のように話している。

「まつりちゃんは加入した頃から、2期生の中でも意見をしっかり言ってくれる子だったし、メンバーのモチベーションを上げるのも上手で、人の心をすごく前向きにさせる力があるんですよ」(『BRODY 2021年4月号』より)

 このように松田は対人スキルの高さがグループ内で重宝されているようだ。菅井が言うように、人の心をポジティブな方向へ変えていくパワーが彼女にはあるように思う。人に良い影響を与えられるような付き合い方ができるからこそ、メンバーにも“モテて”いるのだろう。松田が副キャプテンに就任したのも、そうした部分が大きいはずだ。