Snow Man 阿部亮平×深澤辰哉の“あべふか”、同期として築いてきた厚い信頼関係

Snow Man

 冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(Paravi)が、4月から地上波レギュラーに進出することになったSnow Man。毎週日曜午後1時、お昼の顔としてさらに知名度を上げていきそうだ。Snow Manのデビューからを振り返ると、テレビ番組に出演する回数が着実に多くなってきていると感じる。2月23日にも『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)に阿部亮平が出演。「クイズが得意なジャニーズ」として、すっかり定着したのではないだろうか。今回はそんな阿部とともにSnow Manを引っ張る深澤辰哉のコンビ、“あべふか”に注目してみたい。

 阿部と深澤は2004年8月に入所した同期同士。今もなお食事に行った話があがることがあり、良好な関係性を築いていることがわかる。『Myojo』の10000字インタビューでも、それぞれに対して「今まで別々の道を通って来たこともあるけど、スタートラインは一緒。(中略)隣を歩くようになった今、グループでジャニーズ歴最長のふたりとして、これからも、Snow Manのためにできることを一緒に見つけていこう」(阿部/2020年11月号)、「何人もの後輩が追い抜いてデビューしていくのを、俺ら一緒に見てきた。ツラかった経験を同じ数だけしてる。一緒にデビューできたことがうれしいよ。ありがとう」(深澤/2020年6月号)とコメント。ここからは、長年切磋琢磨してきた2人だからこその絆が伝わってくる。

 そんな2人だからこそ、信頼関係も人一倍厚いのではないだろうか。例えば公式YouTubeチャンネルにアップされている動画を見ると、阿部はメンバーの中でも特に深澤に向かって話をする姿が見られる。さらに、阿部の深澤に対する態度も少し違う。ソロ活動としてクイズ番組に出演している阿部を見ると、いつもニコニコしており、感じの良い対応を見せている。“インテリ”という要素も相まって、上品な好青年という印象だ。だが、深澤には鋭いツッコミを入れるなど、肩肘張らずに接しているように感じるのだ。例えば、「『ジャニーズすべらない話!?』先輩後輩のエピソード語ります」では、Travis Japan・七五三掛龍也について語る深澤が話に息詰まると、すかさず阿部が「(周りに話を)振りやがった!」とツッコむ。ここで、ごく稀に見せる“治安が悪い阿部亮平”が出たのは、深澤だからなのかもしれない。

Snow Man「ジャニーズすべらない話!?」先輩後輩のエピソード語ります