GENERATIONS メンバー分析【入門編】Vol.3:片寄涼太

GENERATIONS 片寄涼太、ロマンティックで甘い歌声 ラフさも見せるギャップで海外にも広がる人気

 ボーカルの片寄涼太、数原龍友、パフォーマーの白濱亜嵐、関口メンディー、小森隼、佐野玲於、中務裕太からなる7人組ダンス&ボーカルグループ、GENERATIONS from EXILE TRIBE。王道J-POPから最先端のダンスミュージックまで、幅広い音楽性で多くのファンを魅了している彼らは、俳優やバラエティタレントとしても精力的に活動しており、Jr.EXILEの中で特にお茶の間に浸透しているグループと言えるだろう。2月10日にリリースした最新シングル『雨のち晴れ』も、土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』(テレビ朝日系)の主題歌として放送中。始動から10周年を迎える2021年も、7人のさらなる活躍が期待される。そこで本連載では、個性豊かなGENERATIONSのメンバーを1人ずつフィーチャー。第3回はボーカルの片寄涼太について紹介していく。

片寄涼太

 片寄涼太は、1994年8月29日生まれで大阪府出身。「祖父が中学校の、父が高校の音楽教師という家庭で育ち、僕自身も小さい頃からピアノを習っていました」(※1)、「母が趣味でコーラスをやっていた」(※2)という音楽一家に生まれた彼は、2008年12月、両親に連れられて足を運んだ『EXILE PERFECT LIVE 2008』の京セラドーム大阪公演で、EXILEの生のパフォーマンスと出会った。しかし、Jr.EXILEのメンバーの多くが先輩達のパフォーマンスに魅入られ、自分もこんな仕事がしたいとEXPG STUDIOに入校する一方、幼少期から大人びた性格で現実的な思考の持ち主だった片寄にとって、アーティストは遥か遠い存在。歌は好きだったが、中学時代は外交官を夢に見て、勉学に励んでいたという。そのため、2010年、高校1年生の時に『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2 ~夢を持った若者達へ~』に挑戦した際も、背中を押してくれた両親に感謝をする反面、内心は記念受験のような感覚だった。当時を振り返るインタビューでも、同オーディションを勝ち抜き、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのボーカルとなった今市隆二や登坂広臣とは覚悟が違ったことを自覚しており、「そこはウソをつきたくないし『俺は歌手を目指していた』とは言えないです。でも、挑戦するのはリスクを伴うし失うモノもあるという、この世界のことは学びました」(※3)と冷静に語っている。

 そんな彼を大きく変えたのは、オーディション後の食事会でEXILE ATSUSHIが語った「地元の人気者で終わってもいいとは思う。でもこの世界を志すのであれば、自分もボーカリストとして磨き続けて、みなさんと同じ目線で突き離しにいきたいです」(※4)という言葉だった。トップアーティストでありながら、自分と同じ世界を夢見て集まった後輩達に覚悟を問うATSUSHIの真摯な姿勢が、どこか冷めていた片寄の心に火をつけた。その後、芸能界入りを諦めて進学するという選択肢を捨て、EXPG大阪に入校。レッスンに励む中で、2011年7月、GENERATIONSの候補メンバーに選ばれる。デビューまでは『夢者修行』と題した全国行脚やメンバーチェンジといった試練もあったが、2012年11月21日、GENERATIONSのボーカルとしてシングル『BRAVE IT OUT』でメジャーデビューを果たした。

GENERATIONS from EXILE TRIBE / BRAVE IT OUT