日向坂46 金村美玖&丹生明里&渡邉美穂、ユニット結成を熱望する声も カラフルな個性が魅力な“埼玉トリオ”

 現在、日向坂46では3月27日でデビュー2周年を迎えることを記念し、「あなたの見てみたいユニット」を募集中(募集期間は2月11日23時59分まで)。おひさま(日向坂46ファンの呼称)からは埼玉トリオの金村美玖、丹生明里、渡邉美穂のユニット結成を熱望する声がSNS上で寄せられている。

日向坂46『ひなたざか』(TYPE-B)

 3人は現在、ラジオ番組『日向坂46の余計な事までやりましょう!』(TOKYO FM)にて、2カ月ごとにパーソナリティーを担当。2020年10月~11月は丹生、12月〜2021年1月は金村、2月〜3月は渡邉が務める。この番組が埼玉県を中心に食品スーパーを展開する「ベルク」の一社提供というのも埼玉との結びつきを強く感じさせる。初回の放送で丹生は「このお仕事がいただけたのも、埼玉県のお陰だからね」とうれしそうに述べ、2人も「ありがとう〜。埼玉に生まれて良かった」と口を揃えていた。

 2017年8月に前身グループ・けやき坂46の2期生としてグループに加入した彼女たち。現在、金村が18歳、丹生が19歳、渡邉が20歳。デビュー時、中学3年生だった金村は当時のブログに「丹生と渡邉と金村で埼玉トリオなんですよ! いつも帰るの同じ、私はよく相談に乗ってもらっています。二人とも話しやすいし、色々気づくことがあってすごくありがたい これからもよろしくね!」と綴っている。互いを支え合い、切磋琢磨してきた関係だ。また、その頃から「一緒に埼玉の良さを伝えて行けたらいいな!」と意気込んでいた。

 そんな思いが結実したのが2018年9月。3人は埼玉県警の一日交通部長を務めた。さいたま新都心駅横にある、けやきひろばにて、秋の全国交通安全運動キャンペーンのイベントに参加し、その際も渡邉が「私たちが大好きな埼玉を1番交通事故の少ない県にできるようにがんばります」と宣言していた。

 渡邉はけやき坂46時代にメンバー唯一のソロ写真集『陽だまり』を刊行している。初めての2期生楽曲「半分の記憶」ではフロントメンバーとしてパフォーマンスし、「ハッピーオーラ」でも小坂菜緒と共にフロントメンバーに抜擢された。2期生の中では早い頃から存在感を示していた1人だ。

けやき坂46 『ハッピーオーラ』Short Ver.

 丹生は日向坂46改名後にリリースした2ndシングル曲「ドレミソラシド」で初めてのフロントメンバーに抜擢された。ここ最近はゲーム番組を中心にソロでのメディア露出も非常に多い。金村は4thシングル曲「ソンナコトナイヨ」で初のフロントメンバー入り。1stアルバム『ひなたざか』リード曲「アザトカワイイ」でも小坂とペアで1列目に立ち、グループの中での役割も変化しつつある。パフォーマンスの面でも急成長を遂げているメンバーと言えるだろう。

日向坂46 『ドレミソラシド』
日向坂46 『アザトカワイイ』