『アイドル楽曲大賞2020』(インディーズ編)

ukka、クマリデパート、リルネードら楽曲が高順位 論客4名が語り合う、苦境にあるインディーズアイドルの現状と活路

 アイドルが1年間に発表した曲を順位付けして楽しもうという催し『アイドル楽曲大賞』。2020年のインディーズアイドル楽曲部門はukkaが「恋、いちばんめ」で1位を獲得。ukkaは改名前の桜エビ~ずとしてもトップを飾っており、2019年に続く2連覇となる。ほかにもnuance、RYUTist、Task have Funといった常連組が並ぶ中、クマリデパート、リルネード、ばってん少女隊、開歌-かいか-が高順位をマークするランキングとなった。

 リアルサウンドでは今回も『アイドル楽曲大賞アフタートーク』と題した座談会を開催し、ライターとして企画・編集・選盤した書籍『アイドル楽曲ディスクガイド』を著書に持つイベント主宰のピロスエ氏、コメンテーター登壇者からはアイドル専門ライターであり、『VIDEOTHINK』制作・運営に携わる岡島紳士氏、著書に『渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする』を持つ音楽評論家の宗像明将、(コロナ禍以前は)日本各地を飛び回るDD(誰でも大好き)ヲタの中でも突出した活動が目立っていたガリバー氏が参加。後編では、メジャーアイドル以上に窮地に追い込まれているインディーズアイドルの現状と活路についてを話し合っていった。

 なお、今年から『アイドル楽曲大賞』の投票システムが変更に。昨年までは、1人が持っている5曲の権利を全て同じグループに投票することができたが、今年からは1グループ1曲の縛りとなった。これは、自分の知らなかった楽曲が上位に入ることによって、その楽曲が多くの人に知られるランキングとして機能してほしいという主宰サイドの思いから。メジャー部門では、トップ20にフィロソフィーのダンス、sora tob sakana、ヤなことそっとミュートが2曲、インディーズ部門ではukka、サンダルテレフォンが2曲。そして、RYUTistが3曲をランクインさせている。システムが変更になった上でも、多くの楽曲が入ることはそれだけ多くのファンに支持されていることを表す結果である。(渡辺彰浩)※本取材は2020年12月に実施

「持っているファンの数をいかに減らさないか」がアイドル全体のテーマ

ーー昨年は桜エビ~ずの「それは月曜日の9時のように」がインディーズの1位でしたが、今年も改名したukkaが「恋、いちばんめ」で首位を獲得しました。

岡島紳士(以下、岡島):元ふぇのたす(MICO、ヤマモトショウ)の2人と宮野弦士さんの楽曲なんですよね。MICOさんが作詞、ヤマモトショウさんが作詞と作曲、宮野弦士さんが編曲。ヤマモトショウさんがMICOさんに声をかけ共作が実現していて、MICOさんがほかのアーティストに提供するのはこれが初めて。ヤマモトショウさんは2018年に「まわるまわるまわる」で作詞を担当したのを機に、今回の「恋、いちばんめ」では作曲も担当しているんです。ukkaは2020年に誰もが大躍進を遂げるだろうと思っていたけれど、コロナ禍で足止めをくらってしまった印象が強い。とは言え、曲がいいので、この順位ということで納得です。

ガリバー:メジャー部門で話した乃木坂46の「I see…」と同じなんですけど、溢れ出すSMAPっぽさ、ファンク要素をみんなが好きなのはこちらでも同じことが言えると思います。同じSTARDUST PLANET.の私立恵比寿中学の1位とukkaの1位は、ストーリー性という意味で全く違うのが象徴的です。

宗像明将(以下、宗像):3位のリルネードの「もうわたしを好きになってる君へ」も、ヤマモトさんの曲。インディーズは“ヤマモトショウ楽曲大賞”の様相を呈しているので。

ーーリルネードの話題に行く前に、2位はクマリデパートの「ネコちゃんになっちゃうよ~」が入りました。

ピロスエ:「サクラになっちゃうよ!」がシングルの表題曲で、これはカップリングなんだよね。クマリは2019年も、6位に「シャダーイクン」、18位に「極LOVE浄土」をランクインさせてた。

ガリバー:ハロプロへのオマージュの「極LOVE浄土」でドカンと来て。2020年も充実した印象でした。

宗像:「ネコちゃんになっちゃうよ~」はクマリのEDM路線の中ではかなり吹っ切れてるなって。

岡島:作曲、編曲してるのがK’sさんという、らっぷびとに楽曲を提供したニコニコ動画の歌い手で、日本語ラップというよりアイドルラップらしい聴き心地かなと思いました。

ピロスエ:30位のクマニキ(クマリデパートとアップアップガールズ(2)による期間限定コラボユニット)「クマニキ」も面白い曲でしたね。

ーー改めて、リルネードが「もうわたしを好きになってる君へ」で3位です。

宗像:虹のコンキスタドールの元メンバーの奥村野乃花さんがプロデュースをしているグループで、ソウルフルでみんな大好きそうな楽曲。ねもぺろ(鹿目凛、根本凪)にインタビューしたら、(リルネードの)「フレッシュさとかでちょっと負けちゃいそう」って言っていました。新鮮なアイドルとソウルミュージックの融合は楽曲派のパラダイスって感じがしますよね。

岡島:虹コンの妹分オーディションから結成されたのが虹のファンタジスタですけど、その落選者から選ばれたのがリルネードなんですよね。

宗像:今回は虹のファンタジスタがあまり目立っていない中、リルネードはかなり躍進しましたね。

岡島:振付が虹コンの的場華鈴さん、衣装デザインを根本凪さんがやっているので、拡散力がありますし、ヤマモトショウさんが曲を作っているのも大きいと思います。2020年はライブ現場がないなかで、「持っているファンの数をいかに減らさないか」がアイドル全体にとってのテーマだったと思います。