Big Hit Labels、初の合同コンサートで示された現在地 アーティストの魅力とITテクノロジーの共存で見せたステージ

 2020年12月31日、Big Hit Labels初の合同コンサート『2021 NEW YEAR’S EVE LIVE』が開催された。新型ウイルスの再流行に伴いステージは事前収録でオンラインのみでの開催となった。

 『I−LAND』に出演したHANBINによる「I&credible」のプレステージの後には11月にデビューしたばかりのENHYPENとデビュー2年目のTOMORROW X TOGETHERがフレッシュなステージで序盤を飾り、Big Hitのシンガー、イ・ヒョンとPLEDIS Entertainmentでほとどの所属アーティストのプロデュースを担当しているプロデューサー兼歌手のBUMZUがベテランらしいしっとりと希求力のあるステージを見せた。

 2021年にはデビュー10年目を迎えるNU’ESTも華麗なステージを披露し、GFRIENDは様々なコンセプトを多彩な舞台で楽しませてくれた。年をまたぐ前後のクライマックスにはBTSが登場し、スティーブ・アオキとの「MIC Drop (Steve Aoki Remix)」、Lauvとの「Make It Right (feat. Lauv)」、Halseyとの「Boy With Luv (feat. Halsey) 」など、過去の客演陣とのリモートでの共演ステージを含む6曲をパフォーマンス。「Make It Right」と「Life Goes On」のステージでは肩の手術後療養中のSUGAも姿を見せ、7人の完全体での舞台を見せてくれた。

 SOURCE MUSICやPLEDIS Entertainmentなど複数の中堅事務所を買収後初のレーベル名義のコンサートだったが、「レーベルメイト」としてアーティストたちが共演したのは「CONNECT Stage With Sin Haechul」のみだった。シン・へチョルはバンド・無限軌道やN.EX.Tなどで活躍し、2014年に医療事故で急逝した大物ロックミュージシャンで、ラジオDJや社会運動家としても名を知られる存在だ。

「私たちが歩んできた道には数多くの正解と誤答、幾多の夜も眠れなくさせる果てしない疑問が刻まれています。そしてここに、その問いかけに惜しみなく答えてきた人がいます。熱く、そして熾烈に私たちを慰めた音楽によってです」

 というSUGAの紹介とともにスクリーンに映し出されたシン・ヘチョルの楽曲の歌詞は、「君の夢をあざ笑う者をいちいち相手にするな」「僕たちみんな消えない質問の答えを求めて歩いている」など、どこか初期のBTSを彷彿とさせる内容だった。

 シン・ヘチョルの代表曲「君に」と共にステージのスクリーンにAIホログラムで再現されたシン·ヘチョルが現れ、NU’ESTのBAEKHO、GFRIENDのYUJU、TOMORROW X TOGETHERのTAEHYUN、ENHYPENのHEESEUNG、BUMZUと共に歌い、共演した。続くNU’ESTのREN、TOMORROW X TOGETHERのHUENINGKAI、ENHYPENのJAYによる「君が本当に望むものは何だ」は未完成楽曲で、今ステージで初めて世に披露されたという。

 また、「君が本当に望むものは何だ」では国楽歌手のチャン・ソユン、「君に」ではプンムルペ(農楽隊)とプクチョン獅子舞が一緒に登場するなど、伝統音楽・文化との融合を目指した舞台となった。このステージは「私たちはつながっている」という今回の公演のテーマを多角的に表現するしようとしたと言える。それぞれ異なる所属のアーティスト達同士、AIやホログラムといったテクノロジーと伝統文化、故人と生者など、異なる属性のもの同士の共演ということだろう。