草なぎ剛とユースケ・サンタマリアが見せた、音楽に対する無邪気な姿 斉藤和義をも本気にさせた『なぎスケ!』新シーズンを見て

 草なぎ剛とユースケ・サンタマリアが出演する『なぎスケ!』(Amazon Prime Video)のシーズン2が、11月19日より配信スタートした。この2人といえば1998年から2018年まで、約20年に渡って放送された人気深夜バラエティ「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)コンビ。

『なぎスケ!』シーズン2 #1 予告編

 「『ぷっ』すま」で見られた2人の“ゆるさ”は、何かと気を張って生きていかねばならない現代人にとっては憧れでもあった。仕事と遊びとが分離されていない、のびのびとした空間。その“ゆるさ”を許し合えるゲスト、そして視聴者との、柔らかなつながり……この2人のように年齢を重ねて生きていくことができたら、なんて考える大人も少なくなかっただろう。

 残念ながら地上波での放送は惜しまれながら最終回を迎えたが、「『ぷっ』すま」のスタッフが再集結し、Webというさらなる自由な空間を味方に、2019年12月にスタートしたのが『なぎスケ!』シーズン1だった。

 40代となった彼らのマイペースっぷりは、さらに加速。やりたくないことは「嫌だ」とハッキリ主張するし、自分たちの番組であるにも関わらずゲストにおんぶにだっこなシーンも少なくない。その結果、雅楽師・東儀秀樹のクラシックカーを雨の降る中で乗り回したり、俳優・西村和彦に調理を任せっきりにしたり……と、ゲストに遠慮なく胸を借りる。ある意味、他では見られない贅沢な時間が流れるのだ。

 シーズン2になってもそのスタンスは変わらず、気づけばゲストの斉藤和義が番組の新オープニングソングの制作にどっぷりと参加することになる。生配信レコーディングに参加するだけではなく、ついみずから「やりましょうか」と手を挙げた斉藤。オープニングソングのレコーディングを行うスタジオになぎスケの姿はなく、黙々と作業を続けていく。

 通常のバラエティ番組なら、きっとここにMCの2人(=なぎスケ)がやってきて、斉藤に何をしているのかインタビューしたり、作業の内容をレポートして見せ場を作ろうとするだろう。だが、そんなよく見る演出で“作り上げる”のではなく、自然体を“そのまま届けていく”のが『なぎスケ!』スタイル。

 それができるのは、大前提としてなぎスケもゲストも、それぞれが自立しているからかもしれない。なぎスケが見せる“ゆるさ”とは緩急だ。終始のんびりしているのではなく、まずプロフェッショナルとしてのプライドある仕事をしてきたことを私たちは知っている。