FKAツイッグス「sad day」息を呑む7分半の映像美 ヒロ・ムライとのタッグでこそ描けた“再会”の物語

 FKAツイッグスが2019年リリースのアルバム『Magdalene』収録曲「sad day」のビデオで、映像作家のヒロ・ムライとタッグを組んだ。ムライ氏にとっては、グラミー賞主要2部門と最優秀MV賞を獲ったチャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」以来、2年ぶりの音楽映像作品。ツイッグスは類い稀な身体能力を使って、スタントマンなしのアクションに挑戦している……などなど、重要な情報はあるのだが、ここはまず、なるべくまっさらな状態で7分34秒の、ショートムービーのような作品を観てほしい。

FKA twigs – sad day

 ……凄いでしょう、息を呑んだでしょう。

 曲名は「哀しい日」だけれど、曲のサビは〈Would you make a wish on my love?〉だ。直訳だと、「私の愛に願いをかけてくれる?」になる。ふつう、願いをかける(make a wish)のは虹や流星だから、ちょっと奇妙な言い回し。そして、ツイッグスは「愚かなくらい私を愛してくれれば素敵な日」、「あなたがただ日常を走り回って過ごしているのなら、哀しい日」と囁く。インタビューで「失った愛を請う曲」(参照:Story of Songs)と説明しているけれど、ほのかに上から目線を感じる。なぜなら、彼女は自身のアルバムタイトルにも冠した「マグダラのマリア」、バイブルで大人気の罪深い聖女なのだから(注:小池栄子さんではない)。

 ビデオの内容を解説していこう。

 場所はイギリスのどこか。閉塞感の強い、おそらく労働者が多いエリアだろう。舞台は持ち帰りが前提のチャイニーズ・レストラン。看板には「テイク・アウェイ」と「フィッシュ&チップス」とある。これがアメリカだと「テイク・アウト」になり、フィッシュ&チップスの代わりにフライドチキンが人気メニューになる。万国共通で安く、たくさん食べられるタイプのレストランだ。New Ocean Barで調べたら、ロンドン郊外の、ロンドン・コルニーに実在する店だった。あとは、サッカーのアーセナルの練習場があるらしい。

 夜中の2時。一番奥の席でドレッドロックスの青年が順番待ちをしていると、トレンチコートのマリアが店に入ってくる。冒頭ではふつうに歩いていたのに、彼女は柱の陰から彼に目を止めた途端、ロボットのような、前衛舞踏のような異様な動きを見せる。と、背中から剣を抜いて切り掛かるマリア。応戦するドレッドロックス。え、なにこれ、戦闘もの?

 ふたりはガラスを割って、雨に濡れた路上に転げ出て、さらに戦い続ける。突如、マリアが高く舞い上がる。おっと、2000年の1作目が欧米で爆発的に流行った『Crouching Tiger, Hidden Dragon』(邦題『グリーン・デスティニー』)へのオマージュか。ワイヤーをつけてガンガン飛ぶカンフー映画の先駆けであり、2001年のアカデミー賞では10部門ノミネートされ、4部門受賞している。ヒップホップのリリックにもよく引用されるほど、文字通り「爪痕を残した」作品であり、LAで高校生だったムライ少年も衝撃を受けたはず。なるほど、出会いが中国料理店だったのは、必然だったのだ。すごいのが、この一連の殺陣とワイヤーでのスタントを、ツイッグス本人が行っていること。

 実は、先行のシングル「home with me」の歌詞に、このビデオのヒントがある。該当の歌詞を訳してみよう。「SF作品で私みたいな見かけのヒーローは見たことないもの/だから 希望には添えないんじゃないかな/あなたを持ち上げられるとでも思っているのかな/飛べるように手助けできるとでも?/だって 特撮もので私みたいなヒーローはいないもの」。そう、「私みたいなヒーローがいない」と嘆いたツイッグスを、ヒロ・ムライは「だったら」とばかり、ヒーローに仕立てたのだ。だから、逃げているように見えるドレッド君は、実はマリアに「飛ばされている」だけで、時にダンスのようにも見える殺陣は、きっとまた心が傷つくようなギリギリの恋愛の始まりである。登場時の彼女の異様な歩き方は、それまでに傷を受けた恋心を表していたのであり、満身創痍でも相手に向かっていくマリアこそ、恋愛の真の勇者だ。ボロボロの部屋にもつれ込んだふたりは、とうとう刺し違える。真っ二つに切り裂かれたマリアの中は傷心のあまり空洞であり、それに気がついた彼は心臓からあえて手を出して刃を把み、応える。ふたりは、結ばれたのだ。ヒリヒリするような、7分半のボーイ・ミーツ・ガール、もしくは再会の物語。