>  >  > 晩夏のチル/サイケデリックを感じる国内新譜8選

柴 那典の新譜キュレーション

Cornelius、OGRE YOU ASSHOLE、betcover!!…晩夏のチル/サイケデリック新譜8選

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回のキュレーション連載は「晩夏のチル/サイケデリック」というテーマ。もう9月になってしまったけれど、夏が終わってもまだまだ残暑が長く残る昨今は、火照った身体を冷ましてくれるような曲を聴きたくなる気分。国内のミュージシャンの最近の作品から選びました。

 Cornelius「サウナ好きすぎ」

Cornelius「サウナ好きすぎ」

 Cornelius がドラマ25『サ道』(テレビ東京系)の主題歌に書き下ろした曲。ドラマの原作は近年拡大を続けているサウナ人気の火付け役でもある漫画家・タナカカツキの『サ道』で、この曲の歌詞もタナカが書き下ろし。タイトル通り、サウナをテーマにした曲で、アンビエントなサウンドにCorneliusのつぶやくような歌が乗る。

 サウナ好きたちのバイブルと言われる『サ道』の功績の一つは「サウナ→水風呂→休憩」の繰り返しで得られる恍惚や快楽を「ととのう」という言葉であらわしたこと。で、Corneliusはこの曲で、まさにその「ととのう」という感覚を音にしている。具体的に言うと3分10秒からの数秒間がそれ。

 まさに文字通りの「チル」の感覚を表現した一曲だと思う。

OGRE YOU ASSHOLE『新しい人』

2019.9.4 Release OGRE YOU ASSHOLE『新しい人』Album digest
OGRE YOU ASSHOLE『新しい人』

 ただの逃避でも、ただの酩酊でもなく「今の時代にサイケデリックな音楽を鳴らすとはどういうことか」という明晰な意志を備えていることが、OGRE YOU ASSHOLEというバンドの大きな強みだと思う。

 3年ぶりのニューアルバムは、新たにスタートしたレーベル<花瓶>から9月4日にリリース。フレーズの一つ一つは穏やかで、ゆったりとしたテンポで、ミニマルなリズムが繰り返される。声を張り上げる歌い方もしない。けれど、そこには現実の「もう一つの可能性」を示すような、とても鋭い批評性を感じる。前作『ハンドルを放す前に』もそうだったけれど、今作はさらにその先を突き詰めたような一枚。「新しい人」の〈新しい感情が 生まれてくる〉とか、「動物的/人間的(Album Ver.)」の〈恥ずかしいこと はじめよう〉というフレーズが象徴的だけれど、今までにない感覚の扉を開くような、予兆の音楽を鳴らしている。

The fin.『Wash Away』

The fin. – Gravity (Official Video)
The fin.『Wash Away』

 9月13日にリリースされるThe fin.の新作EP『Wash Away』。いち早く聴かせてもらったのだが、かなり素晴らしい仕上がりになっている。昨年リリースされたアルバム『There』以降、あきらかにプロダクションが変わった印象。先行配信されている「Come Further」や「Gravity」でも明らかだが、サウンドの骨組みがバンドからエレクトロニックミュージックに移行している感じがある。サイケデリックな夢想の音楽を鳴らしているのは前と変わらないけれど、そこに風格のようなものが備わってきている。

 イギリスに拠点を移して約3年半。新作はRadioheadやalt-Jを手掛けたブラッドレイ・スペンス、ビョークやArcaを手がけるジェイク・ミラーと共同プロデュースだという。アジア各国、特に中国でライブ動員が飛躍的に伸びていて、9月から行われている中国ツアーも1000人以上のキャパがソールドアウトらしい。

 ほんと、誰も通ったことのない道を歩んでいる。

「Cornelius、OGRE YOU ASSHOLE、betcover!!…晩夏のチル/サイケデリック新譜8選」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版