>  >  > 乃木坂46、明治神宮野球場に刻まれる軌跡

乃木坂46『真夏の全国ツアー』最終日はグループの転換点に? 明治神宮野球場に刻まれた成長の軌跡

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46が7月からスタートした『乃木坂46 真夏の全国ツアー2019』が、本日9月1日に明治神宮野球場(以下、神宮)でファイナルを迎える。

『夜明けまで強がらなくてもいい 』(Type-A)

 2014年から始まった神宮でのライブも今年で6年目。当時、単独ライブの開催はTHE ALFEE以来、14年ぶりの快挙だった。収容人数は、約3万7千人。乃木坂46にとって神宮は、ホームグラウンドであり、聖地と呼ばれる場所に変わっていった。この機会に、乃木坂46が神宮で紡いでいった歴史を振り返っていきたい。

 初年度となる2014年は、10月にシングル『何度目の青空か?』のリリースを控えた頃。学業に専念するため活動を休止していた生田絵梨花が、ツアー千秋楽の神宮で復帰を果たしたのがこの年だ。ヘリコプターに乗って神宮に降り立つという演出を経て、後光のようなオーラを纏ってステージに登場した生田、鳴り出す「何度目の青空か?」のイントロ、全てが上手く絡み合い幻想的なステージを作り上げていたのを思い出す。ほかにも、トピックを挙げれば、この年限定で使用されていた「OVERTURE(BOOM BOOM SATELLITES Ver.)」、病気療養中だった橋本奈々未がステージに立ち、SKE48と兼任中だった松井玲奈がテレビ電話でメッセージを届けた。多忙を極める乃木坂46のメンバー全員が揃うのは、今では大晦日の音楽特番か『真夏の全国ツアー』か、と言われている。今思い返せば、この時からその姿勢は一貫して続いているのかもしれない。

 2015年は神宮2DAYS、ドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』の公開に合わせ、“乃木坂46らしさ”を見出す公演となった。生駒里奈が「神宮ー!」と叫ぶ画が思い浮かぶファンも多いだろう。2016年は3DAYSとなり、体調不良でツアーを休養していた桜井玲香が復帰。「裸足でSummer」センターの齋藤飛鳥が初めて座長を務め、感極まりながら「神宮ー!」と絶叫。深川麻衣がセンターを務めていた「ハルジオンが咲く頃」が、川後陽菜へと引き継がれ、神宮がサイリウムによる黄色と白の鮮やかな「ハルジオン」に染まる一幕もあった。

      

「乃木坂46『真夏の全国ツアー』最終日はグループの転換点に? 明治神宮野球場に刻まれた成長の軌跡」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版