乃木坂46 齋藤飛鳥、“未知との遭遇感”演技にスタジオ爆笑 日村勇紀「上手くて面白いんだもん!」

 バナナマンが司会を務める、乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)。3月3日放送回では「トラペジウム大ヒット記念 勝手に演技力研修」がオンエアされた。

乃木坂46『帰り道は遠回りしたくなる』(TYPEB)

 同企画は、累計20万部発行を記録した高山一実の小説『トラペジウム』の映像化などに備え、勝手に演技力を鍛えて関係者にアピールするというもの。お題に出された一言を設定に応じて演じる「一言に魂を込めろ! 1フレーズ劇場」では、白石麻衣からスタート。お題は、「片想いしている憧れの先輩に貸してもらった傘を返却するときの“ありがとうございます”」。白石は、目を伏せ気味で照れた表情を浮かべ“ありがとうございます”と演じた。高山は「(情景が)見えた見えた!」と絶賛。続いて与田祐希は「超嫌いな相手へ嫌々お礼しなければならなくなったときの“ありがとうございます”」にチャレンジ。与田は声のトーンを落とし、不機嫌そうな表情を見せて演技。迫真の演技にバナナマンは「おーーーー!」と声を揃えて驚いた。

 梅澤美波は「一生懸命勉強したのに受験に落ちたときの“えっ! ウソ?! 信じられない”」に挑戦。気が抜けた声で落ち込んだ様子を表現し、設楽統(バナナマン)からは「上手いじゃねえか!」と称賛された。日村勇紀(バナナマン)は「(受験勉強を)一生懸命勉強したんでしょ? 伝わるのよ」とし、高山も「抱きしめてあげたくなりました」と続けた。齋藤飛鳥は「宇宙人に遭遇した時の“えっ! ウソ?! 信じられない”」を演じる。斎藤は目を大きく見開き、口を手で押さえて表現。斎藤の“未知との遭遇感”にスタジオからは笑いが起こる。改めて日村は「やばいぐらい上手い!」「上手くて面白いんだもん!」とメンバーたちの演技を絶賛した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる