>  > AK-69、“アンセム”に込めた思い

『THE ANTHEM』インタビュー

AK-69、己と闘うすべての人に向けた“アンセム”に込めたメッセージ「自分に負けていたら歌えない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年6月にコラボベストアルバム『無双Collaborations -The undefeated-』をリリースし、9月から今年1月にかけては約3年半ぶりとなるライブハウスツアーで全国を駆け巡っていたAK-69からニューアルバム『THE ANTHEM』が届けられた。オリジナルアルバムとしては前作『DAWN』から2年半ぶりのリリース。その間、彼はどんなことを考え、本作に辿り着いたのか。アルバム制作中に気付いたこと、清水翔太やt-Aceといったユニークなゲストの顔ぶれ、3月に控えた自身初の日本武道館2Days、さらには広がりを増す最近のコラボ楽曲に対する意識まで、幅広くたっぷりと語ってもらった。(猪又孝)

俺のアンセムを必要としてるのは葛藤を抱えてる人

ーー2年半ぶりとなるニューアルバムは、『THE ANTHEM』というタイトルからして力強いですね。漲る自信が感じられました。

AK-69:ありがとうございます。最初は、『無双Collaborations -The undefeated-』を準備している間にタイアップ曲が溜まっていったから、次のアルバムはそれをまとめる感じというか、今ある曲に新曲を足してアルバムにしたらいいじゃん、みたいな軽いノリで作り始めたんです。でも、いろんな偶然が重なって、すごくコンセプチュアルなアルバムに仕上がったなと思ってます。

ーーそのコンセプトというのは?

AK-69:既存の曲を並べたときに、改めて自分の曲はアンセムだなって思ったんです。ただの軽い感じの応援歌じゃなくて、自分自身が闘っているからこそ生まれるメッセージが、今闘っている人たちを鼓舞しているんだろうと。これが俺の音楽の神髄だと思ったし、だったら、アルバムに「THE ANTHEM」とつけて、他もそれに値する新曲たちで固めようと考えたんです。

ーータイトル曲は、その流れで生まれたんですか?

AK-69:いつもアルバム制作の最後に1曲目を録るんです。これ以上締切を延ばせないし、ツアーもやってて、寝不足で、体調も芳しくないみたいな。極限というか、ちょっとトランス状態みたいな中で素直な言葉とメロディを綴れて、「スゲエのができた!」って思えたときに、そのアルバムが傑作になるというセオリーがあるんです。今回それを感じましたね。

ーー本作はRIMAZIとRYUJAの2人が大半の曲を手がけています。サウンドやトラックはどのような方向性を考えていたんですか?

AK-69:少数精鋭にすることでアルバム全体のカラーを統一したかったこともあるし、RIMAZIが帰ってきた感を出したかったんです。RIMAZIが2018年の5月にFlying B Entertainment(AK-69が代表を務める事務所)に加わったんですよ。今回、いい意味で往年の俺みたいな感じが出ているのは、RIMAZIが帰ってきたことが大きいですね。

ーーRIMAZIは「And I Love You So」や「THE RED MAGIC」「START IT AGAIN」など、初期の代表曲を多く手がけていました。

AK-69:彼は一時期、音楽から遠ざかっていたんだけど、才能をこのまま殺すのはもったいないなと思って。俺もFlying Bを立ち上げて環境が整ったし、本格復帰を考えてみてって話したんです。そしたら、「俺も最後の挑戦だと思って東京行きます」って言ってくれて。

ーー1曲目の「THE ANTHEM」はRIMAZIの手によるものですが、まさにAK節という曲です。

AK-69:そうですね。映画のように始まって、ビートは重くて力強くてっていう。アイツもアイツで、今回参加してくれてるRyosuke “Dr.R” Sakaiに指南を受けて音の作り方をアップデートして。Dr.Rは海外でも闘ってるプロデューサーですからね。加えて、俺もアップデートした状態にいる。そんな二人がまた帰ってきた感じが各曲に出てると思います。

ーーあと、全体的に歌詞は、いつにも増して熱く、攻撃的な印象を受けました。

AK-69:『DAWN』のときの方がもうちょっと大人な感じだったかもしれないですね。昔の「IRON HORSE -No Mark-」とか、そういう時代に書いてたアンセムって、何も持たざる者が全国区に躍り出て「名古屋で逆境から上がってきた俺だ!」みたいな勢いだけだったと思うんです。その後、勢いだけじゃ進まない時期とか、Flying Bを立ち上げる前の「もしかしたら人気が陰ってきたんじゃないか」と思っていた時期を経て、『DAWN』を作って、日本武道館ライブを成功させて自信を取り戻し今に至ってる。だから、いろんなことが一周した感覚があって。

ーー攻撃の矛先を自分に向けてる曲も多いと思ったんですよね。

AK-69:タイトル曲を最後に作ったときに思ったんですけど、俺のアンセムを必要としてる人って、葛藤を抱えてる人だと思うんです。自分に負けそうになってる人とか、目標があるからこそ苦しんだり、悩んだり、不安に苛まれている人。

ーー今、歯を食いしばってる人とか。

AK-69:そう。そういう人に伝えたいアンセムにしたかったんですよね。あと、去年、長渕剛さんのライブを初めて観に行かせてもらったときに「お前は今の日本の芸能界の仕組みとは違うところで闘ってる選ばれた人間なんだから、まだまだここからだからな」って言ってくださったんです。「今から闘う時期だからな」「自分の使命をちゃんと腹に据えておけよ」って。そこで「俺はまだまだやることがいっぱいあるんだ。これをもっと伝えていかなきゃいけねえんだ」って。そういう戦闘モードに再び入れたことも、今回の制作では大きかったと思います。

AK-69 – 「THE RED MAGIC BEYOND」 (Official Video)

「AK-69、己と闘うすべての人に向けた“アンセム”に込めたメッセージ「自分に負けていたら歌えない」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版