>  > “ティーンのカリスマ”YouTuber ねおの可能性

欅坂46や板野友美とも共演 “ティーンのカリスマ”YouTuber ねお、リアルな世界に広げる可能性

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ねおです! シャキーン!」の挨拶でお馴染みの現役高校2年生のYouTuber・ねお。2018年6月号からはYouTuberとして初めて、ファッション雑誌『Popteen』の専属モデルとなった、“ティーンのカリスマ”だ。

ねお

 現在17歳のねおは、MixChannel、Twitter、Instagram、 LINE BLOGなど、様々なSNSを使いこなし、“世界No.1のティーンズコミュニティ”とされる「musical.ly」日本代表を経験、「LINE LIVE OF THE YEAR」では2016年に最優秀グランプリ、2017年にLINE LIVER部門の女性LIVERで表彰されるなど、ティーンの間でインフルエンサーとしてその地位を確固たるものにしている。

 彼女が一躍有名になったのは、MixChannelでの「リップシンク」動画(流れる音楽に合わせて口パクで歌っているように見える動画)。2016年頃、女子高生を中心にMixChannelで一大ブームを巻き起こした「リップシンク」だが、当時中学生ながらねおの動画は日本の「リップシンク」の元祖と言われている。ねおはLINE  BLOGで「歌を歌う事が苦手なねお 小さい頃からダンスを通して ずっと曲がある世界で育ってきました!自分を表現する方法の一つとしてリップシンクを始めました!」と始めたきっかけを綴っている。

 現在、多くのファンを抱える彼女(MixChannel登録者数は現在51万人以上)。YouTuberをはじめとした若年層に影響力のあるクリエイターが数多く所属するVAZにスカウトされ、2016年8月28日に「ねおチャンネル」をスタートした。実は、以前VAZのオーディションを受けたが落選したことで火がつき、毎日動画をアップしていたらスカウトされたと、後のYouTube動画で語っている。

はじめまして!ねおです!【自己紹介】

 2016年9月24日に公開した「はじめまして!ねおです!【自己紹介】」でYouTuberデビュー。最初の動画は画質や音声など技術面でやや難があったものの、徐々に改善されていき、メイク方法や、上京して来たばかりのねおが原宿や東京タワーなどを街ブラする「ねお散歩」をアップしていった。GUやWEGOなど、中高生でも揃えやすい価格帯でコーデを組むなど、ティーンがリアルに参考になる動画を上げているのも彼女ならでは。MVのような動画を手軽に作れるmusical.lyやTik Tokなども利用している彼女が、YouTubeではリップシンク動画の作り方を2画面で分かりやすく解説しているのも面白いところだ。

2017年の動画ベスト5発表☆みんなの好きな動画を教えてください

 膨大な動画をアップしているねおだが、「2017年の動画ベスト5発表☆みんなの好きな動画を教えてください」では、本人が印象に残っている動画を初期から振り返っており、初心者でも入りやすい。その中でも語られている、妹が登場する動画では姉妹の絶妙なコンビネーションが見られる。妹にメイクを施す「妹と毎日メイク」や「妹ドッキリ」など、若干機嫌が悪くてクールだが協力的という、思春期のリアルな姉妹関係が面白い。また、ねおよりも下の世代に向けたメイクモデルとしても、妹は抜群の人選である。

      

「欅坂46や板野友美とも共演 “ティーンのカリスマ”YouTuber ねお、リアルな世界に広げる可能性」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版