>  > 中村倫也が語る、30代の役者としての人生観

『崖っぷちホテル!』インタビュー

中村倫也が語る、30代の役者としての人生観 「“まーくん”や“江口さん”とインプットされることが名誉」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優・中村倫也が、『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)への出演を皮切りに大ブレイクを果たしている。本作で中村が演じているのは、老舗ホテル再建に向け奮闘する従業員の1人、江口竜二。第1話では競艇新聞ばかり読み、総料理長の座に立っていたが、新人パティシエの鳳来ハル(浜辺美波)と総料理長を交代。物語が進むにつれ、江口はハルが行き詰まるとさりげなく助言し、彼女をフォローする立ち回りを務め、“名コンビ”と話題を呼んでいる。

 今回リアルサウンド映画部では、『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』出演時に続き、中村に3度目のインタビューを実施。『崖っぷちホテル!』出演で受けた反響や、本作でコンビを組んでいる浜辺美波について、そして30代の役者としての人生観について話を聞いた。

「この役をやれてよかった」

ーー以前、自身のTwitterで「江口みたいなツンデレ兄さんは、演じていて楽しいです」と投稿されていましたね。

中村倫也(以下、中村):江口は“ツン”から入っているので、ちょっとしたことでギャップも作りやすいですし、いろんな意味で観ている人の感情を動かしやすい役だなと思います。競艇の話をするだけでコミカルになって面白さも生まれやすいですし、ちょっと優しい顔をしただけで「いい人」と言われるので、得しているなと感じますね。

ーー江口に対してどんなイメージを持っていますか?

中村:江口は結構思ったことを言う人だと思っています。大人のルールや立場があるなか、例えば第7話で誠一(佐藤隆太)が来たときも、直接的に皆は文句を言わないけれど、江口は「ちょっと、待て! お前」と言えてしまう。そういう部分はカッコいいなと感じたし、この役をやれてよかったなと思いました。あと江口って、筋が通っていないことが嫌いなんです。ハルが総料理長になったとき、悔しかったりいろいろな気持ちがあったりしただろうけど、腕を認めたらちゃんとフォローする一面などは気持ちいいなと。僕もいろんなフィルターを通さないで物事を見るようにしたい人間なので、そこは似ていると感じる部分でもありますね。

ーーハルと江口の絶妙な距離感が素敵です。

中村:初めの方では、江口はハルのことを認めていないのですが、台本を読んでいたら、ハルに対して江口がちゃんといちいちツッコミを入れているのを見つけて。さてはこいつら実は仲良しなんだなと思いました。ツンデレなキャラなので、セリフはちょっと尖った言い方になってしまうけど、実はハルのことを面白おかしく思っているという江口の空気感の方が、観ている人もきっと楽しいだろうなと意識しました。あとはコンビ芸なので、ベーさん(浜辺)との呼吸、掛け算で、より作品が面白くなるように。

ーー浜辺さんの“べーさん”というあだ名はどなたが?

中村:大人数でいたときに、おとなしくしていたので、馴染んだ方が楽しいだろうと思って、僕が「べーさんって名付けました」と発表しました。その後、川栄(李奈)ちゃんがレギュラーになって、「えーちゃんって名付けました」と言ったんですけど、それは全然浸透しなかったですね(笑)。

「現場でやる掛け算のチューニング作業は変わらない」

ーー今回の浜辺さんをはじめ、『半分、青い。』の永野芽郁さん、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の森川葵さん、『あさひなぐ』の乃木坂46さんなど、最近は若い女優さんと共演されることが多いですよね。若手女優の方と共演する際、中村さん自身の芝居の仕方は変わったりするのでしょうか?

中村:人それぞれ違うので、年齢や性別によって決まった芝居をしたりすることはないですね。若かろうが先輩だろうが、現場でやる掛け算のチューニングみたいな作業は変わらないです。ただ、可愛くて仕方がなくて、「幸せになってくれ!」と親戚のおじさん目線でいるというのはあるかもしれません(笑)。

ーーその中でも浜辺さんに対する印象は?

中村:べーさんは大人っぽいですね。ハルという役は動きも付けられることが多くて、それをドライのときに調整して、セリフもやって、料理もして、テンションも高くして……と結構頭使う役だなと。この前、「厨房の撮影は、しばらく前日眠れませんでした」と言っていました。そのくらい真面目ないい子で、すごく頑張り屋なので、一緒に仕事する人もどんどん応援したくなりますよ。そう感じる人がこれから増えて、世間も大人たちも放っておかないだろうなと。

ーー主演の岩田剛典さんの印象はいかがですか?

中村:目がくりっくりしてかわいい顔していますよね。宇海のキャラクターって、第1話からセリフが多かったので正直大変そうだなと思っていましたが、第2話からはもう宇海役がすっかりハマっていました。頼もしいですし、一緒にものづくりしている感覚がとても楽しいです。この間、岩ちゃんが僕ら従業員の顔を並べたチームTシャツを作ってくれたんですけど、現場でスタッフみんながそれを着ていて、「文化祭みたいで楽しいな」と思いました。こういうのいいなって。

      

「中村倫也が語る、30代の役者としての人生観 「“まーくん”や“江口さん”とインプットされることが名誉」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版