>  >  > 眞島秀和、『おっさんずラブ』“第三の男”に

眞島秀和、『おっさんずラブ』“第三の男”に 『となかぞ』広瀬渉とは真逆の勝ち気っぷり

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 放送を重ねる毎に、SNSを中心に盛り上がりが加速していく『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。第4話「第三の男」では、そのタイトルが示す通り、春田創一(田中圭)を中心に巻き起こるラブストーリーの相関図に新たな男性が加わることとなる。まずは、これまでの恋愛関係をおさらいしたい。

 天空不動産・東京第二営業所に勤める春田は、2人の男性から迫られている。1人は、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)。営業所の部長で、春田の上司であり、このドラマの“ヒロイン”だ。妻の蝶子(大塚寧々)を愛するが、自分の本心には嘘をつけず、妻との離婚を決意し、春田への隠していた思いを告白する。その黒澤の恋のライバルが、春田の後輩・牧凌太(林遣都)。牧はその女子力に目をつけられ、春田と同棲することとなるが、黒澤が動き出したことに焦り、自身も春田への思いを告白する。

 そこに新たに加わるのが、営業所の主任・武川政宗(眞島秀和)。春田は、飲み会の席で武川と牧がテーブルの下で熱く手を握っているのを目撃し、2人が愛し合っていることを察する。元彼が武川であることを牧が春田へとカミングアウトするシーンが、第4話の衝撃的なラストである。

 武川を演じる眞島秀和は、前クールのドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)においても、同性愛者の広瀬渉を演じていた。自身の性的指向や性同一性を公表していない“クローゼット”に加え、どちらかと言えば内気な性格であった広瀬という役に対して、今回の武川は一言で言えば勝気な自信家タイプ。

 以前から、牧を叱責する場面は多くあり、春田がテーブルの下で見た握り合った手も、武川が上から一方的に牧の手の甲を握っているものだ。この行為は、牧が春田を思っていることを武川が知ってのもの。オフィスの廊下で牧を待っていた武川は、「お前は今、不毛な恋愛に足を突っ込んでいる。そう思わないか? 完全にお前の片思いなんだろ。あっち側の人間を好きになっても、幸せになることは絶対にない」と牧を諭す。同性愛者が互いに愛することと、ゲイが男性を一方的に好きになることとでは、後者の方が恋愛における壁は明らかに高い。「俺ならあいつと違ってお前を傷つけたりしない」、そういって武川は牧を自分の元へと誘っていく。

      

「眞島秀和、『おっさんずラブ』“第三の男”に 『となかぞ』広瀬渉とは真逆の勝ち気っぷり」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版