>  >  > 映画『先生! 』予告編&新ビジュアル

ウェディングドレス姿の広瀬すずや生田斗真とのキスシーンも 『先生!』予告編&新ビジュアル

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 生田斗真と広瀬すずの初共演作『先生!』のタイトルが、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』に変更になり、あわせて新ビジュアルと予告編が公開された。

 本作は、1996年から2003年にかけて『別冊マーガレット』にて連載されていた河原和音の原作コミック『先生!』を、『青空エール』『僕は明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩監督が映画化したラブストーリー。ぶっきらぼうだが生徒想いの教師・伊藤に初めての恋をした女子高校生・響の純粋でまっすぐな想いを描き出す。

 『僕らがいた』以来、5年ぶりの恋愛映画出演となる生田が高校教師・伊藤を演じ、生田とは本作が初共演となる広瀬が相手役の響を演じる。そのほか、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未などが出演する。

 

映画 『先生! 、、、好きになってもいいですか?』本予告

 公開された予告編では、スピッツが描き下ろした主題歌「歌ウサギ」に乗せて、広瀬演じる響が初恋に一喜一憂する姿や、生田演じる伊藤と響とのキスシーンも収められている。主演の生田は、メガホンを取った三木監督について、「三木さんが作る画の力はすごく大きいので、自分の役の整理として“こうしたい”という部分を押し通すのではなく、三木さんの思い描いている一枚のきれいな写真みたいなものにはまっていったほうが美しいものになる」とコメントしている。

 あわせて、広瀬演じる響のウェディングドレス姿も初公開された。先日公開となるや、SNS上でも大反響となった凛々しい弓道着姿とは打って変わり、等身大のあどけない表情が印象的な響の表情が切り取られている。

 また、映画の公式サイトでは、そんな大人と子供の間で揺れ動く響と、教師と生徒の間で揺れ動く伊藤の想いが交差する中、伊藤が優しく響に唇を近づける本ポスタービジュアルも公開されている。

■公開情報
『先生! 、、、好きになってもいいですか?』
10月28日(土)新宿ピカデリーほか、全国ロードショー
監督:三木孝浩
脚本:岡田麿里
出演:生田斗真、広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、八木亜希子、森本レオ
原作:河原和音「先生!」(集英社文庫コミック版)
主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ)
製作:映画『先生!』製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)河原和音、集英社 (c)2017 映画『先生!』製作委員会
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/sensei/

「ウェディングドレス姿の広瀬すずや生田斗真とのキスシーンも 『先生!』予告編&新ビジュアル」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版