>  > 阿部サダヲ『殿、利息でござる!』を振り返る

『殿、利息でござる!』主演・阿部サダヲインタビュー

阿部サダヲが明かす、主演作『殿、利息でござる!』と「大人計画」の共通点

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歴史学者・磯田道史の著作『無私の日本人』を『予告犯』『残穢【ざんえ】ー住んではいけない部屋ー』の中村義洋監督が映画化した『殿、利息でござる!』が、本日5月14日に公開された。実話を基にした本作では、今から250年前の江戸時代、重税によりさびれ果てた宿場町・吉岡宿で、町の将来を心配する十三郎や知恵者の篤平治ら9人の男たちが、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、宿場復興の秘策を企てる模様が描かれる。リアルサウンド映画部では、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平ら主演クラスの俳優たちが並ぶなか主演を務めた阿部サダヲにインタビュー。撮影時の裏話や、殿役で映画初出演を果たしたフィギュアスケート選手・羽生結弦の演技について、さらには、自身が所属する「大人計画」と本作に通じるエピソードなどを語ってもらった。

「まさかちょんまげが銭になるなんて思ってもいなかった」

20160514-tonorisoku-sub5.png

 

ーー中村監督とは『奇跡のリンゴ』に続いて2度目のタッグです。オファーがあった時の心境を教えてください。

阿部サダヲ(以下、阿部):『奇跡のリンゴ』がすごく楽しかったし、いい監督さんだなと思っていたので、オファーをいただいた時は嬉しかったです。時代劇と言われたので、馬に乗って現れるような役を想像していたんですけど、馬には絶対に乗らない役柄で(笑)。このお話が実話ということにも驚いたのですが、中村監督が原作を基に脚本でさらに膨らませているところがまたすごいなと。

ーー十三郎という役柄を演じるにあたり、中村監督からは具体的な演出や要望はあったんですか?

阿部:今回の撮影は順撮りに近くて、十三郎が登場するシーンを初日に撮ったんです。十三郎が馬に乗っている代官に訴状を渡すというシーンだったのですが、その時に監督から映画『生きる』の志村喬のような目をしてくださいって言われたんです。セリフもそこまで多くないから、表情で語るほうがいいということで。それで「なるほどな!」と納得して、非常にやりやすくなりましたね。だからその後、監督からダメ出しをされる時っていうのは、「阿部さん、もうちょっと目を開いてください」というようなことしか言われていないんです。あまり目を開きすぎちゃうと、カツラとの境目が浮いてきちゃうので、そこは床山さんとの勝負でもありましたが(笑)。でも監督が僕にそういうことをさせた理由っていうのが、あとあとわかるんですけど、十三郎の弟・浅野屋甚内役の妻夫木くんの表情が低いトーンで目も細めだから、静と動のような対比をさせたかったんだなって。でも、妻夫木くんは監督が何も言わなくてもそうやってきたから、監督もビックリしたらしいですね。

20160514-tonorisoku-sub4.png

 

ーー瑛太さん演じる篤平次との掛け合いも見応えがありました。

阿部:十三郎は真面目一辺倒でまっすぐみたいな人で、篤平次も真面目にできる役なんですけど、瑛太くんはそこをちょっとかわしてきて。瑛太くんも難しい位置にいたと思うんですけど、かなり挑戦してきたので、非常にやりがいがありましたね。十三郎は篤平次が何を言っても聞いていないので、そのズレみたいなもの、いわゆるボケとツッコミの笑いではないユーモアを出していくのが挑戦でもありました。僕自身も、真剣すぎてズレちゃっているような笑いはやったことがなかったので、そういう意味でもやっていて楽しかったです。

ーー“笑い”の部分は、原作とは大きく異なる部分ですよね。

20160514-tonorisoku-poster.png

 

阿部:そうですね。お金を出すのを渋る西村さんの役や、儲け話と勘違いして入ってきちゃうきたろうさんの役とか、キャラクターが次第に変わっていくのも脚本で膨らませてあった部分で、面白かったです。ポスターもふざけてるじゃないですか(笑)。これで1回お客さんを巻き込んでいるというか。ふざけた話なのかなって思いますけど、そんなにふざけていない。そのギャップというか、いい意味で裏切りがあるのもいいと思います。このポスターだって、「未来を見通すようなイメージで立っていてください」と言われて撮ったんですけど、まさかちょんまげが銭になるなんて思ってもいなかったですから(笑)。僕も騙されているんです。

ーー(笑)。妻夫木さんや瑛太さんをはじめ、竹内結子さん、松田龍平さんなど、錚々たるメンバーの中で主役を張るのにプレッシャーは感じませんでしたか?

阿部:僕は一応主演ではありますけど、ずっと出ずっぱりというわけでもなくて皆が活躍していますので、プレッシャーはまったくなかったですね。十三郎は気持ちがすごく強い人ですけど、特に口が達者なわけでもない。いろいろ考えているのは実は篤平次のほうだったりもするので。

ーー阿部さんが引っ張っていくという感じではなかったと。

阿部:まったくないです。監督が本当に引っ張っていってくれて。中には、きたろうさんみたいに「お前が引っ張れ!」みたいなことを言う人もいたんですけど、まったく言うことを聞かずに(笑)。十三郎自体が「やろうやろう!」って言いながら、途中で拗ねていなくなるような人なので、「この人何なんだろう?」「この人大丈夫か?」って思ってもらえるようにしたほうがいいと思いました。だからそれはキャストの皆さんに助けられた部分でもありますね。寺脇さんや西村さんやきたろうさん、僕がドラマに出るようになった頃、よくご一緒していた先輩たちがいたのも心強かったですね。それと、磯田先生が書いた原作のタイトルが『無私の日本人』で、無私って私欲がないことを意味しますけど、役者としても“自分をなくす”ということがすごく大切なんじゃないかと最近取材を通して思うようになって。中村監督がおっしゃるには、僕はそういうことをできているらしんですよね。消えているというか、阿部サダヲという人間がいなくなっているから、その場で対応できているみたいなことを言ってくださっていて。

ーー特に役作りはせずに、自然体で十三郎という役に臨んだと。

阿部:そうですね。衣装を着てカツラを被れば、だんだんその人物になってきますから。あと今回は、場所もよかったんです。山を切り崩した、現代物が何もないようなオープンセットで撮影をしたので。もちろんカメラマンさんやスタッフさんは現代の格好をしているからそこは面白いんですけど(笑)。

      

「阿部サダヲが明かす、主演作『殿、利息でござる!』と「大人計画」の共通点」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版