>  >  > 中条あやみと遠藤新菜の共通点

中条あやみと遠藤新菜、若くして“大人の色気”を醸し出すふたりの共通点

関連タグ
中条あやみ
女優
本 手
無伴奏
遠藤新菜
邦画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いま、若くして“大人の色気”のある若手女優はいったい誰だろうと考えたとき、二階堂ふみや水原希子、小松菜奈や清野彩名といった女優たちが真っ先に思い浮かぶ人は多いはずだ。彼女たちは一見するとあどけなさも残るのだが、その表情や仕草、演技などにはドキリとさせられるような色気があり、映画やドラマに緊張感と恍惚感、そして微かな背徳感をもたらす。フィクションの世界には、彼女たちのように危うい魅力を放つ女優が必要不可欠だ。本稿では、そんな“色気漂う若手女優”のニューカマーというべきふたりの女優ーー中条あやみと遠藤新菜にスポットを当て、彼女たちの共通点から、その魅力の本質を探りたい。

 まずは、現在公開中の映画『ライチ☆光クラブ』で、美少年達の中で紅一点のヒロインを演じている中条あやみ。2015年、かつて宮沢りえや綾瀬はるかなどをブレイクさせた、若手女優の登竜門と呼ばれる大塚製薬ポカリスウェットのCMに抜擢され一気に注目を集めた。そのほか、NTTドコモや花王メリットなどのCMに出演し、次世代のCM女王になりうる活躍ぶりを見せている。さらに2016年のハーゲンダッツアンバサダーに就任。ハーゲンダッツと言えば、その高級感溢れるブランドイメージから、外国人の男女が愛を語らうハイブランド広告のようなCMが作られ続けてきた。2009年以降は日本の女優をキャスティングするようになり、真矢みきをはじめ、柴咲コウ、水原希子といった大人の色気を纏う女優たちが彩ってきた。そして今回、歴代のアンバサダーと比べ、明らかに若い19歳という年齢で中条が引き継ぐ形になった。

 映画初出演にして初主演となった『劇場版 零~ゼロ~』(2014)や、昨年のドラマ『She』(フジテレビ)では、どちらもミステリアスな女子生徒役を演じている。美少女過ぎるが故にまわりにいる女性たちさえ魅了してしまう役は、エキゾチックなビジュアルと吸い込まれそうな瞳を備える中条にマッチしていた。ハーゲンダッツのCMでは、その魅力に大人っぽさを加え、浴室のバスタブにつかりながら涙を流す姿を披露している。佇んでいるだけでも麗しい中条が、そのきめ細かい肌も多く露出しているため、なんとも艶っぽい映像に仕上がっている。その色気は、少女から大人へと変わろうとしている真っ最中にしか放つことができないものであろう。いま、しかと目に焼き付けておくべきである。

 遠藤新菜もまた、中条に引けを取らないほど魅惑的な女優だ。3月26日に公開する映画『無伴奏』に出演している彼女は、認知度が高い方ではないが、斎藤工と濃厚なラブシーンに挑戦し話題となっている。監督の矢崎仁司は、1992年に公開された『三月のライオン』で兄妹の禁断の恋を描いたほか、中谷美紀主演の映画『スイートリトルライズ』では静かな目線で不倫の背徳を描くなど、人間の性を芸術性の高いタッチで捉えてきた。本作では、成海璃子、池松壮亮、斎藤工といった演技派たちをキャストに迎え、学園紛争がぼっ発した時代に生きる若者たちの恋愛劇を描いている。

 遠藤は昨年、みやすのんき先生の名作漫画を原作とした映画『やるっきゃ騎士』で、エッチな転校生男子から学校の風紀を守る生徒会のリーダー役として、今までのモデルのイメージとはかけ離れたセクシーな役を演じた。そのギャップに心惹かれた人も多いはずだが、あくまでも青春コメディだったため、コミカルな雰囲気も色濃かった。しかし『無伴奏』では、経験豊富な役者3人に影響を及ぼす難しい役柄を演じている。本作では髪をベリーショートにし、豊潤なエロスが香る大胆なシーンを披露しているとのことだ。犬童一心監督が池脇千鶴を、三浦大輔監督が門脇麦を開花させたように、矢崎仁司監督が遠藤新菜の新たな魅力を引き出してくれることを期待せずにはいられない。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版