>  > 峯田和伸『ピース オブ ケイク』インタビュー

『ピース オブ ケイク』公開インタビュー

峯田和伸、『ピース オブ ケイク』単独インタビュー 役者業のこと、仕事論、銀杏BOYZの現在

関連タグ
ジョージ朝倉
ピース オブ ケイク
光宗薫
加藤ミリヤ
多部未華子
峯田和伸
木村文乃
松坂桃李
綾野剛
菅田将暉
邦画
銀杏BOYZ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週末に公開されて、興収でもトップ10に入るスマッシュヒットを記録中の『ピース オブ ケイク』。伝説的なパンクミュージシャンであり、1989年『鉄男』の主役で俳優デビューして以降、役者としても高い評価を受けている田口トモロヲによる3作目の監督作品であること。ジョージ朝倉の大人気恋愛マンガの映画化作品であること。多部未華子、綾野剛、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、菅田将暉といった超豪華かつフレッシュなキャストが一同に集結していること。本作において注目すべきポイントは数々あるのだが、リアルサウンド映画部では、作中で一癖も二癖もある劇団の座長役を演じ、加藤ミリヤとのデュエットで主題歌も歌っている峯田和伸にフォーカスを当てた。

 『アイデン&ティティ』『色即ぜねれいしょん』に続いて、今回で田口トモロヲ監督作品では3作連続で重要な役を任され、『少年メリケンサック』や『ボーイズ・オン・ザ・ラン』などの映画作品にも出演、さらに昨年は舞台『母に欲す』で池松壮亮とダブル主演を務めるなど、このところ役者としての実績も着実に積んでいるように側からは見える峯田和伸。はたして、彼にとって「役者業」とは何なのか? というか、そもそも「仕事」とは何なのか? この取材の数日後には、大阪の人気フェスRUSH BALLのクロージングアクトで、銀杏BOYZとして久々の「バンド編成」でステージに立った峯田和伸だが、必然的に会話はそんな「銀杏BOYZの現在」にまで及んだ。(宇野維正)

「自分ではまだ、自分のことを役者ではないと思ってる」

——峯田さんには、以前、リアルサウンドで豊田道倫さんとの対談をしてもらいましたが(参考:峯田和伸と豊田道倫が語る、音楽の生まれる場所「街は静かだけど、心のノイズは増えている」)、今回、新たにリアルサウンド映画部を立ち上げたんですよ。

峯田和伸(以下、峯田):あっ、そうなんだ。へぇー。

——それで、今回の『ピース オブ ケイク』の公開を機に、是非、役者峯田和伸にインタビューしたいなと思い。

峯田:(笑)。

——とは言っても、個人的にも峯田さんにインタビューするのは久々なんで、いろいろと脱線していくことになると思うんですけど(笑)。あ、そういえば見ましたよ、加藤ミリヤさんとの映画主題歌(「ピース オブ ケイク −愛を叫ぼう−」)のミュージックビデオ。メチャクチャ絡み合ってましたね(笑)。

峯田:ああいう、リップシンクっていうんですか? 現場で曲を流して、それに合わせて口を動かすっていう、ああいうミュージックビデオの撮影、やったの初めてかもしれない(笑)。

——最初、字面だけで「加藤ミリヤ feat.峯田和伸」って見たときは、「え? 清水翔太のポジション?」って感じで驚いたんですけど、すっごくいい曲だし、作中でも効果的に使われていて。ちゃんと作詞にも関わっているんですね。

峯田:まぁ、こういう機会でもないとなかなかできないことですからね。

——これも、(田口)トモロヲさんからの提案で?

峯田:そう。電話がかかってきて。「こういう話があるんだけど、ミリヤさんと一緒にどうかな?」って。で、大友(良英)さんが作曲をされるということもあって、おもしろいことになりそうだなって思って。実際、すごく新鮮な体験でしたね。

——今回の『ピース オブ ケイク』で、『アイデン&ティティ』、『色即ぜねれいしょん』に続いて田口トモロヲ監督作品への出演は3作目、いわば皆勤となるわけですが。最初に今回も峯田さんが出るって聞いた時は、「まぁ、トモロヲさんの作品だしね」って思ったんですけど、作品を観てみると、峯田さんが演じることにメチャクチャ必然性があるキャラクターを演じていて、しかも、今回もかなり重要な役ですね。

峯田:どんな役でもいいので、トモロヲさんの監督作品には出たいと思っていて。で、トモロヲさんからも「次の作品も出てほしいな」って言われてて。今回も、かなり早い段階で脚本を読ませてもらって。「千葉(劇中で峯田和伸が演じている劇団の座長)の役はどう?」「うん、この役だったらできます」って感じで。その後、原作もすぐに読んで、「うんうん、この役だったらできる」と。トモロヲさんもそれをわかって配役してくれたと思うから、そこはもう信頼関係ができてる感じですね。

——「この役だったらできる」というのは、やはり役者の仕事をする上では重要なポイントなんですか?

峯田:まぁ、シュッとしたスーツを着ていつも青山あたりにいそうな役だったり、弁護士の役だったり、そういうのはできないし、そもそも話もこないですよね(笑)。

——見てみたい気もしますが(笑)。

峯田:自分は役者として中途半端だから。もちろん、受けた仕事はしっかりしますけど、自分ではまだ、自分のことを役者ではないと思ってる。役者……うーん、少なくとも俳優ではないですよね。

——それこそ監督のトモロヲさん自身も、本業はミュージシャンでありバンドマンで、最初の頃はご本人のイメージに合った範囲で役者の仕事をされていましたけど、そこからだんだん役者として演じる役の幅を広げてきた方ですよね。そういう道筋は、峯田さんはまだ見えない?

峯田:どうなんだろう。全然わからない。まだ胸をはって「役者をやらせていただいてます」って言えない自分がいて。役者って、基本的に与えられた役だったらなんでもできなきゃダメだと思うんですね。自分の場合は、やれることだったらやりますってだけで。そういう意味では、プロの役者ではないんでしょうね。そこはトモロヲさんとは違いますね。

最新作品レビューもっと見る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版