>  >  > 戸次重幸、残念なイケメンの強みとは

残念なイケメン、TEAM NACSの戸次重幸が体現する40代のリアリティとは

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TEAM NACSはメンバーのキャラクターが被ることのないグループだと思う。大きな声から実直さがにじみ出ているようなリーダー・森崎博之。安田顕は、何を演じてもどこか悲しみやおかしみを感じさせるし、大泉洋は軽快な語り口と人情でどんな役も自分のものにする。音尾琢真はリアリティのあるバイプレーヤーとして可能性を感じさせる。

 そして戸次重幸である。戸次は、TEAM NACSのイケメン、それも残念なイケメンとして知られている。この残念でありイケメンであるという、相反する要素が、昨今では演技に生かされているように思うのだ。

 例えば、女性チャンネル♪LaLa TVのオリジナルドラマ『エンドレスアフェア~終わりなき情事』では、SNSで知り合った元カノとの不倫におぼれる役を演じた。この役は、戸次のアラフォーになってもイケメンな風貌が、不倫におぼれるサラリーマン役にリアリティを与えていた。

20150827-hokori-02th_.jpg

 

 ところが、TEAM NACSの舞台『悪童』で戸次は、閉鎖されたレジャーセンターに立て籠もって幼馴染たちを呼び出す、「ミソッカスのチャック」を演じた。何をやってもどこか空回りするような役に、戸次の残念な部分が生かされていたと思う。チャックを見ると思い出すはずだ。特に軽んじられたりするような見た目じゃないのに、言動のせいで端っこに追いやられていたクラスメイトがいたかもしれないなと。

 そして、9月に公開される初主演映画『ホコリと幻想』では、調子がよくて、口ばっかり、怪しさ全開の東京帰りのクリエイターを演じている。

 戸次演じる松野の登場シーンは、細身の柄のパンツにブーツ姿で、派手なバギーをひきながら空港に現れるというものである。おもむろにメガネをかけるその横顔から、ナルシシズムやインチキ臭さ、そしてそれを一生懸命に隠そうとしているような人物像が伝わってきた。

      

「残念なイケメン、TEAM NACSの戸次重幸が体現する40代のリアリティとは」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版