>  > オサカナ語る『ハイスコアガール』主題歌

『New Stranger』インタビュー

sora tob sakanaが明かす、『ハイスコアガール』主題歌で切り拓いた新境地

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 “90年代アーケードラブコメディー”として、話題沸騰中の人気テレビアニメ『ハイスコアガール』(TOKYO MXほか)。そのオープニング(OP)テーマ「New Stranger」を担当しているのが、4人組アイドルグループ・sora tob sakana(ソラトブサカナ。通称はオサカナ)だ。

 2014年7月に結成され、活動5年目を迎えている彼女たちのサウンドプロデュースを手掛けているのは、照井順政(ハイスイノナサ、siraph)。「New Stranger」は、ポストロックとエレクトロニカを基調としたこれまでのグループの音楽性に、同アニメの主題歌らしくゲームミュージックやチップチューン的な要素を加味した、オサカナの新境地といえる仕上がりとなっている。

 今回は前回のインタビューに参加した寺口夏花と風間玲マライカに、神﨑風花と山崎愛の2人を加えた、メンバー全員が集合。ニューシングルのこと、『ハイスコアガール』のこと、そして「TOKYO IDOL FESTIVAL」などの夏フェスに向けての意気込みなどについて、話を聞いた。(岡島紳士)

「(ハイスコアガール初回は)ちゃんとリアタイで観ました」(山崎)

ーーメジャー1stシングル「New Stranger」が7月25日に発売されました。アニメ『ハイスコアガール』のOPテーマですが、作品は観ましたか?

風間玲マライカ(以下、風間):観ました!(ガッツポーズ)。良かったです。OP曲とその映像がアニメと融合としてるというか、絵と曲がシンクロしてて良かったです。たくさんのゲーム画面が出てきてすごいなって思いました。この作品に関われて嬉しいです。

山崎愛(以下、山崎):ちゃんとリアタイで観ました。すごい良かった。すごい良かったです!

山崎愛(左)と寺口夏花(右)。

ーー繰り返しますね(笑)。

山崎:めちゃくちゃ面白くて! マンガだとゲームの説明が複雑で想像がつかない部分もあったんですけど、アニメだとそこが上手く説明されてて、良かった。

神﨑風花(以下、神﨑):そうそう。ゲームのことはよく分からないところもあるけど、そこをナレーションとかで説明してくれて、分かりやすかった。

寺口夏花(以下、寺口):なんか、ヒロインの大野(晶/CV:鈴代紗弓)さんがあんまり喋らないから、ずっと主人公のハルオ(矢口春雄/CV:天崎滉平)が1人で喋ってて、面白かったです。

風間:大野さん、「うー」とか、台詞じゃないけど声は出してて、それが可愛かった。

山崎:あんまり可愛いから、声優さんのことが気になっちゃった。

ーーテレビだとOP曲の後にオサカナさん単体の新曲のCMが流れるのもいいですよね。ちなみにストーリーは90年代のアーケードゲームにまつわるものですけど、まだ生まれる前だった皆さんの世代から見て、そこはどういう風に見えてるんですか?

風間:普通に面白いです(笑顔)。

神﨑風花(左)と風間玲マライカ(右)。

ーー風間さんと神﨑さんは、E TICKET PRODUCTIONのミニアルバム『E TICKET RAP SHOW 2』のスチール撮影で、レトロな筐体ゲームが置いてあるナツゲーミュージアムに行きましたよね。ナツゲーミュージアムはアニメ『ハイスコアガール』にも資料協力としてクレジットされています。

風間:あの時は「ゼビウス」とかで遊んだんですけど、すごい楽しいなって思いました。昔のゲームもいいなって。

ーーお店に並んでいた「源平討魔伝」は、原作ではわりとフィーチャーされてます。

神﨑:そうなんですね。繋がってますね(笑)。私は駄菓子屋には小さい時には結構行ってたんですけど、そこにゲームはなかったんですよ。だからアニメみたいにゲームが置いてあるのはいいなって思います。

寺口:私も駄菓子屋さんは近所にあっても、そこにゲームの筐体はなかったですね。でも10円でできる駄菓子屋ゲームはありました。

風間:ありましたね! そういうのはやっぱりなくなって欲しくないですよね。普通に今やっても面白いし。

「エドモンド本田が好きです」(山崎)

ーーゲーセンに行ったことはありますか?

山崎 はい、あります。

ーー皆さんの世代だと、どういうゲームが流行ってるんですか?

山崎:私はカードゲームがすごい好きで、一時期通ってました。ドラゴンボールのカードゲームをやってましたね。

風間:私は車で運転するやつが好きです。

ーー両親や兄弟でゲームが好きな人はいますか?

風間:弟が1日中ゲームしてるんですよ。家でテレビに繋いで、友達とずっとスマホで通話しながらやってるんです。

ーーゲーマーですね。作品では『スト2(ストリートファイターII )』がストーリーのキーを担うゲームとして登場します。遊んだことはありますか?

寺口:この間、取材の企画でミニスーパーファミコンでやったんですよ。

ーーじゃあ『スーパーストリートファイター®Ⅱ ザ ニューチャレンジャーズ』ですね。

山崎:楽しかったです。操作がよく分からなかったけど。

風間:最高でした! キャラの背景とか詳しく知りたくなりました。

山崎:それぞれストーリーがあるんですよね。

ーーどのキャラを使用したんですか?

山崎:私はエドモンド本田が好きですね。最初は弱そうだなって思ったんですけど、面白い動きをするので。

風間:風花が結構必殺技を出してたイメージがある。

神﨑:バルログを使ってました。カッコ良かったから。技とかはよく分かんないけど、適当にやったらなんか出ました。

寺口:私はガイル。主人公の持ちキャラですけど、全然操作の仕方が分かんなかった。ひたすら同じボタンを押してました。

風間:私はゴツイキャラをいくつか使ってました。ザンギエフ、バイソンとか。相手がなっちゃん(寺口)で、強くて結構負けちゃいました。

「sora tob sakanaが明かす、『ハイスコアガール』主題歌で切り拓いた新境地」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版