>  > E-girlsが語る、11人体制の強さ

『E.G. 11』インタビュー

E-girls 鷲尾伶菜&藤井夏恋&武部柚那が語る、11人体制の強さとアリーナへの挑戦

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 E-girlsが、5月23日にリリースする『E.G. 11』は、昨年7月に11人体制となってから初となるアルバム。新生E-girlsの「COOL」と「POP」の両面を表現した意欲作だ。「Love ☆ Queen」から「Pain, pain」までのシングル収録曲に加え、藤井夏恋と武部柚那のラップをフィーチャーしたダンスチューン「Show Time」などの新曲3曲を収めているほか、E-girlsデビュー時からの大ヒットソングを鷲尾伶菜、藤井夏恋、武部柚那の3人のボーカルで再録して収録。初回限定盤にはドキュメンタリー映像と、100ページの撮り下ろしフォトブックも付いている。

 6月2日からは本作を提げてのアリーナツアー『E-girls LIVE TOUR 2018 ~E.G. 11~』を開始する彼女たちは今、どんな心境にあるのか。ボーカルの鷲尾伶菜、藤井夏恋、武部柚那が、その意気込みを熱く語った。(編集部)

鷲尾「個性を活かして新しいことに挑戦」

ーー昨年7月に11人体制になって以降、『E.G.11』は初となるアルバムです。これまで『Love ☆ Queen』『北風と太陽』『あいしてると言ってよかった』『Pain, pain』と、シングルのリリースを重ねてきて、三人の役割は定まってきましたか?

鷲尾:新体制になったばかりの頃は、私がリードボーカルをさせていただき、ユズが高音、夏恋がラップというイメージもあったかと思いますが、今回のアルバムのリード曲「Show Time」はラップがメインとなるラテン系のリズミカルなダンス曲で、ユズと夏恋のラップに私が歌を被せていくアプローチを採っています。強い女性像を描いているので、特に女性は元気が出る曲だと思います。ダンスもこれまでにないほど激しくてかっこ良くて、もし私が普通のリスナーだとしてもファンになっちゃうくらい(笑)。それぞれの役割を定めていくというより、個性を活かして新しいことに挑戦していくのが、今のE-girlsのスタイルですね。

武部:たとえば私は高音が得意な分、低音は苦手としているのですが、そこを二人に助けてもらうことで、より自分の強みを活かせるようになったと思います。人数が少なくなった分、それぞれの特性が明確になったので、「ポップな曲では自分が明るさを足していこう」みたいなことが意識できるようになりました。逆に、「あいしてると言ってよかった」のようなバラードでは、あえて中低音に挑戦したりと、アプローチに変化を付けられるようにもなりました。

藤井:楽曲に対してどうアプローチしていくか、三人で試行錯誤することによって、挑戦できることの幅は確かに広がりましたね。その分、よりテクニカルになった部分もあって、たとえばユズのラップに続くときには、その温度感に合わせていかないと違和感が出たりするので、調整をする必要があります。また、HappinessでのラップとE-girlsでのラップも、アプローチが違っていて、Happinessでは楽曲内のキャラが立っているので、ラップの中で演技をするようなイメージですが、E-girlsはもっと真っ直ぐなイメージなので、シンギング・ラップに近づけてポップになるように工夫しています。

ーー鷲尾さんと武部さんは、それぞれFlowerとスダンナユズユリーとどのように切り替えていますか?

鷲尾:私は基本的にどちらも同じで、常に等身大の自分で表現している感じです。アプローチを変えるというより、曲に合わせることを意識していますね。私はラップパートなどがほとんどないので、自然とそうなるのかもしれません。

武部:私はけっこう真逆のことをやっているので、アプローチも違ってきますね。スダンナユズユリーはヒップホップだから、自分をそのまま出していくような感じだけれど、E-girlsでは楽曲の世界に染まっていけるように意識しています。二つのグループで活動することによって、それぞれの表現の違いを客観的に見れるようになったのは、すごくプラスだなと感じています。

ーー11人体制になって以降、メンバーそれぞれの責任も大きくなったのでは。

鷲尾:そうですね。以前は先輩に任せっきりになっていたこととかも、自分たちでやらなければいけないという意識は強くなったと思います。

武部:ひとまとまりのグループとしてのE-girlsから、11人それぞれが自分の個性を活かしたグループにしていきたいという意識はあって、その分、個々の責任感や自主性は強くなってきました。個性を活かしたからこそ、バラード曲のようにこれまでとは異なる表現に挑戦することもできるようになったので、そこはひとつE-girlsとしての進化かなと。

藤井:単純に年齢的な変化もありますね。以前は10代の子がほとんどで、それがポップで明るいイメージに繋がっていたけれど、最近はみんな大人になってきて、色気のある表現とかも様になってきました。新しいアルバムには、これまでのE-girlsの代表曲を再録した盤も収録されているんですけれど、ちゃんと大人っぽくなっているんですよね。

鷲尾:今回、歌い直してみたら、以前とは全然違う歌い方になっていたことに気付いてびっくりしました。特に「Follow Me」が全然違っているので、聴き比べてみると面白いと思います。それと、個人的には「DANCE WITH ME NOW!」も気に入っていて。オリジナルはShizukaさんの声の印象が強くてかっこいいんですけれど、今回はトラックもアレンジが変わっていますし、ユズが加わったことでまた新しい曲に聴こえるんです。


ーーLDHのアーティストとしても、楽曲を歌い継いでいくのは重要ですね。

武部:AmiさんやShizukaさんの声は個性が立っていたから、歌い継ぐと考えると難しいけれど、大事なのは楽曲に込められた気持ちや世界観を大切にすることなのかなって。だから、どうすれば新しいアプローチになるのかを重視して、自分たちらしさを意識するようにしました。結果として、新しいE-girlsを感じてもらえる仕上がりになっていると思います。

ーー『E.G.11』全体としてはどんな印象ですか?

鷲尾:本当に幅広い楽曲に挑戦させていただいたなと。いろんなジャンルの楽曲を歌うのは、最近になってやっとできるようになってきたことで、ようやく皆さんに聴かせられるようになったという印象です。おそらく以前だと、背伸びしているように聴こえた曲も等身大で歌えるようになったというか。この幅広さは新生E-girlsの武器になるし、ライブでの表現にも繋がっていくと思います。新曲も多いけれど、初めて聴いても楽しめる曲が揃っているので、ぜひ全編通して聴いてほしいですね。

藤井:自分たちでも新鮮に感じる曲は多いです。HappinessでもE-girlsでも、私は比較的ハードなアプローチをする曲が多かったので、たとえば「あいしてると言ってよかった」のようなバラードでは新しい発見もありましたし、そういう意味で引き出しを増やすことができた一枚でした。

「E-girls 鷲尾伶菜&藤井夏恋&武部柚那が語る、11人体制の強さとアリーナへの挑戦」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版